FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くことと食べること

 11月13日の日曜日は年間第33主日であったが、ミサの第二朗読テサロニケの信徒への手紙3.10に、「働きたくない者は、食べてはならない」という一節があったのに目が留まった。もう昔になるが、戦後すぐの頃は労働組合運動が盛んで、メーデーのデモ行進などではよく、「働かざる者は食うべからずだ」などと気勢をあげていたものだ。彼らはそれをソビエトの建国者レーニンの言葉だと信じていたようだが、実はその言葉の本家は2千年前に使徒パウロが書いたテサロニケの信徒たちへの手紙なのだ。
 ただし、意味は大いに違う。レーニンは労働しないで富を得る王侯貴族やブルジョワは食べる権利はないと言ったのだが、聖パウロは怠惰な信徒たちを戒めて、まじめに生活させるためにそう言ったのだった。間もなく世の終わりが来ると煽られて浮足立ったた一部の信者が、それならもう働いても仕方がないと仕事を放棄したりしていると知ったからだった。これは働けるのに働かない怠け者に対してであって、子どもや病人、老人や失業者などに言ったのではない。
 世の終わりは必ず来る。しかし、聖ペトロは「主のもとでは一日は人の千年のようで、千年は一日のようです」(2ペト3.8)と教えた。預言者や使徒たちは、世の終わりなんて来ないとうそぶく者たちには、「それは近いぞ」と警告したが、逆に世の終わりがすぐだと思って動揺し、仕事を放り出す者たちには、「その日は必ず来るが、神にとっての一日は千年のようなものだ。だから、落ち着いて生活するように。その日の来るのを忘れず、平常通りに生きるのが一番なのだ」と諭したのだ。
 昔、唐の百丈禅師(百丈懐海)は「一日不作、一日不食」を旨としたとか。働かない日は一日食べないと言う意味だ。これは聖パウロの言葉に一脈通じる思想だろう。玉川学園の正門から入ると、坂道になる手前の右側にある城壁風石垣には、この百丈禅師の言葉が刻み込まれていた。今もあるかどうかは知らない。しかし、それは「労作教育」を重要視した創立者の思想の一端を偲ばせる四文字であった。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。