FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいことがあった

 今週は嬉しいことが二つあった。一つは手を貸す運動Ⅱが主催した9月18日のチャリティーコンサートが成功であったこと、そしてもう一つは9月19日、応援しているDeNAベイスターズがクライマックスシリーズの出場権を勝ち取ったことだ。もう数日たってしまったが、そして、こういう部類の出来事は通常ここには書かない私だが、聖書の話ばかりでなく、こういう話題もいいかと思って書いておく。しかし、クライマックスシリーズのことはこれからだから、ここではコンサートのことだけにしようと思う。

 手を貸す運動Ⅱは去る9月18日(日)、カトリック町田教会の聖堂を使わせてもらい、チャリティコンサートin町田を開催した。これは2月以来準備してきた今年度一番のイベントだった。演奏は横浜FC木管アンサンブルの皆さんで、楽器はフルート、クラリネット、ファゴット、サックス、キーボードの五種類であった。私は木管楽器の音が好きなので、演奏を楽しみに待っていた。
 数日前から台風16号が生まれていたので、それが直撃しなければよいがと心配したが、幸いにもそれは2日ほど遅くなってくれた。その上、雨も少ししか降らないでいてくれて、神様が人の出足が鈍らないよう計らってくださったようにさえ思えた。
 聴衆は私たちの予想を超え、150人ほど来てくれた。開演15分前ぐらいの時は30名ぐらいしか席を埋めておらず、これではどうなることかと心配したが、直前になるとどっと入場者が増えたのだった。このコンサートはチャリティーであっても資金集めが主目的ではなく、海外の貧しい子たちを支援している人たちをねぎらうためだったから、聴衆のその入りを見て、私は大成功だったと思った。なぜなら大勢の人達の注目を集めることができたからだ。つまり、支援者たちはそういうことで大いに元気づけられ、ねぎらいを感じるからだ。
 このコンサートのもう一つの特長は他の似たような支援団体に声をかけ、協賛してもらったことだ。共催だと責任を等分に引き受けなくてはならないから重荷だろうと思って、協賛に誘ったのだ。私は自分たちだけが発展し成功することは好まない。他のグループとも共存共栄したい。友愛だ。しかし、協賛は多すぎるとまとまらないから、ESA友の会in町田だけに声をかけた。一緒にやれば彼らもPRできると思ったからだ。
 チャリティだったので、演奏者さんたちは謝礼無しの完全奉仕で演奏してくださった。これは実にありがたかった。だから主催する私たちも「それでは…」と、入場チケットは無しにし、プログラムと引き換えにワンコイン入場献金500円をいただいて、入場していただく方法をとった。しかし、「おつりはいいから」と、お札を出される方もすくなくなかった。ありがたい気前の良さだった。

 プログラムは2部構成で、第1部は“世界の名曲”、第二部は“日本の詩”だったが、演奏は好評だった。それがわかるのはたくさんのアンケートが返って来て、よかったという評価が圧倒的に多かったことでわかった。以下に3例だけ挙げる。
 「美しい演奏でした。第二部演奏見事でした。第一部選曲がよかった。聖堂の中で、気持ちよく聞かせていただきました。有難うございました。演奏家の皆さんが幸せそうでした。」
 「最初のアヴェマリアのメロディが流れたとたん、じーんと涙がにじんできました。最後までとても心地よく伺いました。」 
 「懐かしい曲が多く思わず口ずさんでしまいました。楽しく、ゆったりした日曜の午後の一時、ありがとうございました。素晴らしい演奏でした。」

 今回のコンサートは演奏会場が教会の聖堂だったから、聴衆にはもちろん信者さんが大勢いたが、それ以上に一般の方々が多く来てくれた。プログラムには手を貸す運動Ⅱと協賛してくれたESAのリーフレットを挟んだので、教会外の方々の多くにもPRができた。その方々の中から少しでも支援に加わってくれる人が現れれば、それは望外の喜びになる。
 サーボラン達は準備に最善を尽くし、演奏家の皆さんは快く素晴らしい演奏をしてくださり、教会の方々も協力してくださった。それが聴衆に伝わったから、このコンサートはアットホーム感があって好評だったのだろう。やってよかった。神様の祝福もあったと確信している。また一つ人生の土産ができた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。