FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つの偉業

 今日、わたしは偉業を一つ成し遂げた。もっとも、それは自分にとってだけの偉業に過ぎないが、旧約聖書原典を1頁から最終頁まで通読し終わったのだ。達成感がある。日本語はもちろん、フランス語、スペイン語でも全聖書通読はしているが、ヘブライ語の原典で読み通すことは正直のところ初めは疑問符つきだった。それでも始めたのは2012年7月30日。私のマソラ本聖書は1362ページあるが、章にすると全部で924章だ。ならば私の語学力でも一日一章平均のペースで進めば、3年で読み終えることができるだろうと予想して始めた。そんな試みを思いついたのは、旧約聖書を原典で徹底的に確認しなおすと同時に、ボケ防止も兼ねる目的があったからだ。しかし、実際は予想よりも3か月早く達成できた。
 振り返ってみると、レビ記の途中では投げ出したくなったことがあった。イザヤ書とヨブ記でも難しくて、挫けそうになったことがある。日本語でさえあまり使わない言葉や表現が頻繁に現れ、根気が尽きかけたからだ。しかし、それは手を貸す運動が一度消滅し、数々の苦悩に見舞われていた時期でもあったから、この通読は私の気力を鍛えてもくれた。そして、読み進むうちにヘブライ語にもすっかり慣れ、エズラ記以後は読むスピードが加速した。知っている語彙が増し、辞書の世話になる回数が減って行ったからだろう。私にはこの年でもまだ多少進歩の余地があったわけだ。ありがたいと思う。
 しかし、通読しただけではいけないので、ヨブ記以後の書のコメントはまだだったから、近いうちに書くつもりだ。ちなみに、旧約聖書原典通読のメモは大学ノート16冊になった。それには知らなかった語彙、感動した言葉、記録に値する事柄などを書き留めた。もう先もそう長くはないはずの年だから、2度目の通読ができるかどうかはわからないが、もしそうすることがあったら、その時に役立つだろうと考え丹念に記録してきた。そのノートを見ながらコメントするのは楽しい反芻だ。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。