FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七草粥の記憶

 今日は何かの日だったな…と感じながら、いつも通りの一日を始めたが、夕方になってやっと思い出した。「そうだ、今日は七草の日だったのだ!」と。 日本古来のしきたりをほとんど踏襲して来なかったわが家が、日本の伝統からいかに疎遠になっているかを感じさせた1月7日だった。しかし、私までは日本の習慣は続いて来ていた。そういう習慣を絶やしてしまったのは私で、七草粥の行事もその一つだ。そういう習慣を絶やしてしまった罪滅ぼしに、七草で覚えていることを少しばかり記録しておこうと思う。
 わが生家は今では藤沢市の一部分だが、私が少年の頃は御所見村用田というど田舎にあった。里山沿いに続く田圃を挟んで農家がちらほら散在したが、どれも藁葺屋根の家だった。家には農作業ができる土間があり、座敷には掘り炬燵があった。夜は裸電球が二つ屋内を照らすだけ。夜はしんしんと冷えた。子供の頃はわからなかったが、今自分自身が老人になってみると、冬はどんなに老人にはつらい季節だったことだろうかと推察できる。
 そんな正月6日の夜、母は集めてきた春の七草のナズナを翌朝の七草粥に入れるため、その支度をしたものだった。木鉢にまな板を乗せ、その上にナズナを並べて菜切り包丁を両手に持ち、次の決まり文句を歌うように唱えながら叩いて微塵切りにするのだ。
 七草ナズナ 何とて叩く 唐土の鳥が 渡らぬ先に 叩くさ 叩くさ

 母はそれを何回もくり返し唱えながら菜を切り刻んでいた。その音階をドレミで復元してみると次ようだったと思う。
ななくさなずな なんとてたたく とうどのとりが わたらぬさきに たたくさたたくさ
ミミレレ ミミミ   ミミレレ ミミド  ミミミミ ミミミ    ミミミミ ミミミ    ミミレレ ミミドド

 インターネットで調べてみたら、地方によって言葉はかなり違うようだが、「唐土の鳥が」という文言は共通のようだ。それに比べ、「叩くさ叩くさ」という終わり方はどうやらわが故郷のバージョンのようで、同じものは見当たらなかった。
 それにしても「唐土の鳥」とは何だろうかと、不思議に思っていた。私の子ども時代は日中戦争が始まっていたから、私は何となく鳥を敵国の飛行機に見立てて、空襲される前に撃墜することだろうと理解していた。しかし、母が子どもの頃はまだ飛行機はほとんどなかったし、この呪文みたいな唱え言葉はもっとずっと前から伝わっていたらしいから、鳥を敵機に見立てるのは明らかにまちがっていた。
 では、なぜ「唐土の鳥」などという言葉があるのだろうか?調べたら、どうやや渡り鳥のことで、おそらく昔から渡り鳥が春先に来ると鳥インフルエンザみたいな病菌を持ってくる。だから、そういう災厄を未然に叩いておこう、ビタミンのある七草を食べて健康に気をつけようという意味であったらしい。もしそうだとしたら、それを歌うような言葉で習慣化し、固くなった鏡餅を砕いて七草粥にして食べたのは、なかなかの生活の知恵だったと感服する。
 1月7日の朝、お椀の中に湯気を立てる七草粥は少し塩味で、不揃いに割った鏡餅の周りに米粒がまつわりつき、私はその食感が好きだった。それに、餅を口に入れて箸で延ばすと、伸びたところに米粒がたくさんついていて、面白いなと思いながら食べたことを思い出す。今のわが家には鏡餅はない。だから、当然七草粥の習慣もない。それは伝統をあまり大事にしてこなかった私の怠慢かも知れない。年をとったせいか、そんなことを考えることが多くなった。七草でなくてもいい。野菜を入れた餅粥を食べて見たくなった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。