FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使のお告げ

 待降節第4主日の福音はルカ1;26-38であった。天使ガブリエルによる聖マリアの受胎のお告げの箇所だ。思い出せば、洗礼に至る前、そんなことがあり得るものかと疑って、躓いていた教えの一つがこのお告げのことであった。しかし、聖母が「神にはできないことは何一つない」と言った天使の言葉によって、お告げの神秘の理解しがたさ乗り越えられたように、私もその同じ言葉でつまずきとなっていたすべての障害を乗り越えることができた。
 ところで、天使ガブリエルは聖マリアの前に現れた時、「おめでとう」と挨拶したとある。もちろん和訳だが、かつて文語ラゲ訳新約聖書は「慶たし(めでたし)」と訳していた。懐妊だから、おめでとうとかめでたいと訳したのは悪くない。しかし、その挨拶は本当はどう言われ、どういう意味だったのだろうか?
 私たちが慣れ親しんでいるのはラテン語訳「アヴェ・マリア」のアヴェだ。これはどういう意味かと言うと、元はラテン語の動詞Aveo(喜ぶ)で、その単数命令形なのだ。従って、「喜べ」ということだ。これは原典ギリシャ語に忠実な訳だと言える。なぜなら、ギリシャ語ではKhairo(喜ぶ)の命令形Khaireだからだ。なぜ「喜べ」と言ったのかというと、マリアは神の恵みを得て救い主の母となるからだったと読める。それに照らすと、フランス語のJe vous salue(あなたに挨拶します)は原典をそれほどよく反映している訳とは言えない。喜べと言う意味が薄いからだ。英語のHailも同じだと言えよう。それに比べ、日本語の方が原典に近いようだ。だが、天使はギリシャ語を話したわけではなく、聖マリアもギリシャ語が分かったわけではない。だから、原典がギリシャ語だからと言って、それを基準にあれこれ言っても、その訳が本当に妥当かどうかは評価できない。
 では、本当はどうだったのだろうか?聖マリアはその時ガリラヤのナザレト村に住んでおられた。ところで、当時そのあたりで使われていた言葉はアラマイ語だったと言われる。しかし、聖マリアはダビデの家計であり、本籍はユダヤにあった。親戚もそこに多く、従妹のエリザベトもその一人だった。イスラエルの3大祭にはエルサレムに巡礼で上ってもいた。従って、マリア様は日常ではアラマイ語を話しておられただろうが、ユダヤやガリラヤの公式言語であったヘブライ語はもちろん話せて、ユダヤに行ったときはヘブライ語を話しておいでだったはずだ。たとえば、従妹エリザベトとの会話はヘブライ語だっただろう。それに、ヘブライ語とアラマイ語は似ているから、両方話すのは苦もなくできたことだろうと思われる。そう考えると、天使ガブリエルも当然ヘブライ語を使ったのではなかろうか。それなら、聖マリアも天使から言われた言葉がよく理解できたはずだ。もし天使がギリシャ語で挨拶していたら何もわからなかっただろうが…
 では、「おめでとう」と訳された天使の挨拶はヘブライ語だったらどうだったのだろうか?そう思ってヘブライ語訳を読んでみたら、(面倒なのでローマ字表記するが)、それは"Shalom lak"と訳されている。まずLakだが、それは"to you"「あなたに」の意味の単数女性形だ。アラマイ語を見ると"Salam leki"と訳してある。アラマイ語を知らない私でも、ヘブライ語とよく似ているから対置すると意味はすぐわかる。次に“シャローム”だが、この一語は実に含蓄に富んでいて、「こんにちは」「さよなら」「お元気ですか」「ごきげんいかがですか」「ようこそ」「よろしく」などから、「平和を」「安息を」「ご健康を」などの意味に至るまで多くの内容を包含する。主イエス様が御復活なさった夜、弟子たちに現れてと言われたのもシャロームだ。「あなた方に平安」(シャローム・アレイヘム)と言われた。大天使ガブリエルも乙女マリアにシャロームと言った。シャローム・ラク(あなたにシャローム)と。これがおそらくもともとの挨拶だったのだ。
 では、天使はその時どんな意味をこめて「シャローム・ラク」と言ったのだろうか?単なる「こんにちは」だったのか、それとも深い意味をこめてそう言ったのだろうか?おそらくシャロームが含む「こんにちは」「ごきげんいかがですか」「ごあいさつします」「平安を」などの意味が全部含まれていたのだろうと推察できる。それに「ご心配は要りません。安心して」というニュアンスもあったのではなかろうか。この言葉には、聖マリアを安心させようとした天使の気遣いが感じられるからだ。しかし同時に、この一語にはそれを聞くだけでこれは良い知らせなんだと直感させる響きがあった。そして、事実その通りだったのだ。シャロームに続いて天使が告げたのは Meleat khen(あなたは恩寵に満たされています)という言葉だったからだ。ギリシャ語原典はそれをKekharitomeneと表現している。本来ならこちらが訳だったはずなのだが、いずれにせよ、それがギリシャ語やラテン語における「よろこべ」の理由になっている。ところが、ヘブライ語のシャロームはそういう理由を必要としておらず、どちらかというと、「ごあいさつします。良い知らせを持ってきました。驚かないで落ち着いて聞いてください」という感じだ。これが本来だったとすると、今度は一転、むしろフランス語のJe vous salue の方が実際に合致していると言えなくもない。
  Meleat khen(あなたは恩寵に満たされています)の後で言われたことはさらに驚天動地の告知であった。「あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない」と言ったのだ。一人のつつましい乙女にとって、それは驚愕を超えた知らせであったに違いない。それは理解不能な、恐ろしくもある事態だったはずだ。マリア様が「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに」と疑問を口にし、受け入れを否定しかかったのも無理からぬことであった。しかし、その後どうなったかは福音書の書き残した通りである。
 私たちが教会で使っているアヴェ・マリアの祈りは、ルカによる福音書が記述したままではない。それはこの福音書の伝えと教会の伝統的信仰とが作り上げた合作だと言ってよい。アヴェ・マリアの祈りは「おめでとう、マリア」で始まる。しかし、福音書にはそうは書かれておらず、「おめでとう、恩寵満ち満てる方」と書かれている。それなのに「おめでとう、マリア」と変えたのは、聖書自身によって、この「恵まれた方」は聖マリアのことであることが明瞭だったからだ。だからマリア様への崇敬をこめて、教会はこの祈りの冒頭に、「アヴェ・マリア」とマリアの名前を入れた。
 この祈りの「あなたは女のうちで祝福され、ご胎内の御子イエスも祝福されています」は、天使の言葉ではなく、従妹エリザベトがマリア様の訪問を受けた時に、神の御業を讃えて言ったことばだ。そして、この祈りの後半にあたる「神の母、聖マリア、私たち罪人のために、今も死を迎える時もお祈りください」は、聖母に絶大の信頼を置く2千年来の伝統的信仰が凝縮された、教会のことばである。この祈りがロザリオの祈りをはじめ、信者たちの大いなる拠り所となってきたことは説明の必要がない。この祈りはまさに聖母マリアと私たち信者をつなぐ魂の絆なのである。
 ただ、少し断念なことがある。現代日本の教会のこの祈りの出だしを「アヴェ・マリア、恵みに満ちた方」と改定した。数年前のことだ。その前の改定よりはましになっているが、それでもまだ違和感がある。かつてこの祈りは「めでたし、聖寵満ち満てるマリア」と祈った。しかし、それをやめた上に、「ご胎内の」の表現も捨てた。ひどい削除だと思ったが、再度の改定で「ご胎内の」は復活した。それはよかったが、「めでたし」は捨てたままで、その代わりに「アヴェ・マリア…」とラテン語の祈りの出だしを採用してしまった。なぜそう変えたのかというと、「めでたし」では通夜の時に変だとか、いろいろ反対があったからしい。
 しかし、いくら慣れ親しんでいるとはいえ、アヴェ・マリアとはラテン語だ。私はラテン語が自由に読めるし、この言語が嫌いではない。しかし、原典のギリシャ語でも、マリア様が実際に使った言葉でもないラテン語を、なぜ日本人が祈りで使わなければならないのかと、違和感を覚えずにはいられない。センスの問題もあるが、これではカトリック教会が欧米の輸入品であることを認めるようなものだ。アヴェ・マリアというくらいなら、むしろシャローム・マリア(ミリアム)と言った方がまだましではないだろうか。率直に言って、私は「めでたし」の方がよかったと思う。通夜の時でも「めでたし」で通せばいいではないか。信者の死なら、天の御国に行けるのだから、めでたいと言って何が悪い。信者でない人々に気兼ねして遠慮する必要があるだろうか。もし気兼ねせざるをえないというのなら、「めでたし」の祈りをしなければ済むことではないか。私はいつかアヴェ・マリアの祈りが元にもどることを期待する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。