FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あなたの光で、わたしたちは光を見ます。」

 「あなたの光で、わたしたちは光を見ます」とは詩篇36:10のことばだ。これは本当のところ何を意味しているのだろうか?わかるようでわからないままだったから、それはずっと気になっていた。しかし、そこに2つの光があることだけははっきりしている。「あなたの光」とそれによって見えてくるもう一つの「光」だ。Bible de Jerusalemやフランシスコ会訳聖書の注解によれば、「あなたの光」とは「神のみ顏」を指すそうだから、神から出る光と言っていいだろう。では、もう一つの「光」は何なのか?自然界の光なのか?人生を照らす光なのか?それとも人生の明るい希望なのか?そこが何となくはっきりしないままだった。
春の野道
 にもかかわらず、この一節をカナダでのスケッチ「若草の土手」に添えて来た。それをスケッチしたケベック州エルマーの町にあった大神学院の農場には小川が流れていたし、農道の付近には春の光がいっぱいだったからだ。それにこの詩篇36:10のことばが気に入っていたからでもある。もちろんこの詩篇が詠う「光」は自然界の光を除外するものではないだろうが、それが示唆する「光」が自然界の光とは違う意味の光であることは間違いない。では、それはどんな光か?それをしばし考察してみる。

 この詩篇は、前半で悪人の邪悪な生き方、後半で正しい人を導く神の摂理を描いている。悪人と善人の対照だけでなく、前半の悪人の生き方が直接的な言葉で叙述され、後半の神の慈しみや恵みなどが自然界の事物・事象によって比喩的に表現されているのも対照的だ。比喩による表現は、例えば神の慈しみは天から(雨のように)降るもの、また、人が逃れる翼の陰、恵みが溢れる家、渇きを癒せる流れとしても描かれている。そして、神の真実は雲に達するほど高尚で、その恵みの業は山々のように多大、神の裁きは大いなる深淵に喩えられている。
 「光」の比喩が出て来るのはその後半の一節だ。「命の泉はみもとにあり、あなたの光で、わたしたちは光を見ます」と表現されている。従って、前後の文脈から考えると、「光を見ます」の「光」も何かを比喩的に表現していると解釈していいだろう。神のみもとにあると表現した「命の泉」も自然界の泉ではなく、自然界の泉によって比喩的に言い表した目に見えない「泉」だから、「光」もそれと同じく、目に見えない何らかの光を意味しているはずだ。
 おそらく、この詩篇の一節が「泉と光」の比喩で讃えようとしたのはやはり「神の慈しみ」で、それが聖書的な解釈なのだと思う。すなわち「神の慈しみは命の泉であり、それは神のみもとにある。神の慈しみはまた正しい人の歩みを照らす光であり、私たちは神の光によってこそ人の歩みを照らす光を理解することができる」という意味ではないかと思う。

 もっとも 「あなたの光で、わたしたちは光を見ます」とは私の訳で、れっきとした諸訳を見ると、訳によってニュアンスだけでなく、意味すらそれとは違って来て、必ずしも上述のような解釈に至るとは限らない。そこで、どの訳がベターか、ヘブライ語原典は本当のところは何と言っているのかを知らなくてはならなくなる。それを確かめるために、ここでいくつかの訳を比べてみよう。
 まずヘブライ語原典にはこう書いてある。(ちなみにヘブライ語は右から読む。)

"באורך נראה אור:" (発音: “beohrka nerueh ohr.”)

 翻訳で受け止め方が分れるのはヘブライ語の前置詞ב だろう。それは「~において、~のうちに、~によって、~で、~に、~の間」等の意味を持ち、英語やラテン語のinや仏語のenに相当する。だが、inやenが一筋縄ではいかない前置詞であるように、ヘブライ語のבも単純ではない。それをどういう意味に取るかで訳が分れ意味も違ってくる。
 では、諸言語ではどう訳されているか、手持ちの聖書で見てみる。

LXX: “έν τῷ φωτί σου ὀψόμεθα φῶς.” (*ギリシャ語七十人訳では詩篇35:10となっている)
Vulgata: “in lumine tuo videbimus lumen.”
仏語BJ.: “par ta lumière nous voyons la lumière.”
英語RSV: “in thy light we see light.” (*英訳RSVでは詩篇36:9となる)
独語Die Bibel: “in deinem Lichte schaun sie das Licht.”
スペイン語BJ: “y en tu luz vemos la luz.”
新共同訳:「あなたの光に、わたしたちは光を見る。」
フランシスコ会訳:「あなたの光のうちに、わたしたちは光を見ます。」
聖書協会訳:「われらはあなたの光によって光を見る。」
バルバロ訳:「あなたの光において、われらは、光を見る。」
 
 比較してみると、七十人訳、新ブルガタ訳、英訳、独訳、スペイン語訳はほぼ同じで、英語の “in”の意味に訳している。日本語なら、「~において、~のうちに、~に」に相当するから、新共同訳、フランシスコ会訳、バルバロ訳等はそのグループに入っていることになる。それに対して、仏訳BJは “par”と訳している。日本語の「~によって、~で」に相当するから、邦訳では聖書協会訳がそれに該当する。
 どれも正しいと言えるのだが、「~において」と「~によって」では意味が違って来てしまう。そして、新共同訳のように、「あなたの光に、わたしたちは光を見る」と訳すと、「神の光の中に光を見る」ということになるから、その光は神の光と重なってしまい、別な光ではないようにとれる。それでは実質的には神の光しかない。では、「わたしたちは見る」という光は結局神の光であって、神の光によって他の光を見るのではないのか?という疑問が生まれ、意味が曖昧になる。
 これに対し、聖書協会訳の「われらはあなたの光によって、光をみる」という訳は私の訳と同じで、これだと「神(あなた)の光のおかげで「光を見る」のだから、その光は神の光とは違うものだとわかる。ここには二つの光があることになる。
 そこで問うことになる。どちらがベターなのだろうか?と。私は仏訳と聖書協会訳をベターとする。理由はそれには豊かな意味の広がりが期待できるからだ。「あなたの光に、光を見ます」という訳では、神こそ真の光と讃えることで終わってしまう気がする。しかし、「あなたの光によって光を見ます」という訳なら、素晴らしい神の光と、そのおかげで見えてくる他の光があることがわかってくる。だから、私の関心は神の光のおかげで見える他の光に向く。そして、ではそれはどんな光なのだろうか?と問いが続き、豊かな未知の世界につながる。だからベターだと思うのだ。

 人生にはそういうことが現実に起こる。例えば、暗闇のような生き方をしていた者が、ある時友の一言がきっかけで心に神の光を感じ、これという目的があったわけでもないのに教会の門をくぐる。その結果、イエス様の福音を知るに至る。そして、その時から主の福音はその人にとって新しい人生の光となる。これは実際にあったことだ。その場合、この人は神の光によって、心を照らす福音の光を見るに至るのだから、「あなたの光によって、(福音の」光を見る」と言えるだろう。
 他の具体例もある。つい先日、社会福祉法人・地の星の広報に巻頭言を書いたが、その中でこれは「あなたの光によって、わたしたたちは光を見る」の例に気付いた。一つはマタイによる聖誕物語に触れた時だ。家畜小屋に誕生した赤子イエス様は、神のみことばなのに何も話せず、万物がそれによって創られた神の独り子なのに、無力そのものの嬰児として母の腕に抱かれていた。神の光に照らされて見なければ、どうしてそれが神の御子、ユダヤ人の王、人類の救い主であることなど信じられるだろうか。しかし、神の啓示という光によって、私たちはその赤子が暗がりの中で光を放さずに眠っていても、人類を照らす真の光であり、「光りよりの光」(二ケア・コンスタンチノープル信条)に他ならないと信じることができる。だから「神の(啓示の)光で、(赤子イエス様と言う)光を見る」一例と言えるのだ。
 もう一つの具体例は知的障害者と関連する。「知的障害児の父」と呼ばれた近江学園の故糸賀一雄氏は著書や講演で「知的障害児を世の光に」と訴えた。常識なら「この子らに世の光を」と思うところだろうが、その逆だった。「この子らに」ではなく、「この子らを」世の光にしようとしたのだ。では、どうして彼は知的障害児たちを光として見ることができたのか?彼の精神が神の光に照らされて、この子らが実は世の光なのだと理解したからだろう。つまり、「あなた(神)の光で、わたしたちは(知的障害児という)光を見ます」と言うことができるのだ。
 ただし、この場合は知的障害児たちが本当に世の光と言えるのか?という問いに、証明をもって答えられなければなるまい。ではそれに答えられるのかというと、私は答えられると思う。では、どういう意味で彼らは世の光だと言えるのかというと、光ならば人の蒙昧を照らすものでなければならないが、彼らの存在はそれに当たるからだ。
 世には「知的障害者など何の役にも立たない。なぜそんな者たちにお金をかけるのか。生きている価値もないのに」という考えの人々がいる。いや、事実上はそういう人たちが沈黙の多数派かも知れない。しかし、では同じように認知症の老人や働けない病人も役に立たないから、生きている価値のない人間かと問えば、家族の人たちや世論は、いやそんなことはないと猛反発するだろう。
 では人間の価値は何できまるのか?それを論議してつきつめていくと、人の価値は元気に働けるからとか有能だからとか美しいからとか優秀だからとかで決まるものではない。それらも価値があるには違いないが、人間にはだれにも基本的で共通の価値があり、それが基本的人権では誰もが平等だという根源的な結論にたどりつかせる。それを否定すれば、現代の民主主義的人間観は崩壊する。ところで、その思想のルーツを遡ると、「人は神の似姿に創造された。だから、人は能力、健常さ、性別、年齢、貧富、地位等にかかわりなく、だれもが等しく尊いのだという主の福音に行き着くだろう。
 そのように、知的障害者の存在はその思想に至るきっかけになる。いわば、蒙昧な人間観の闇にさす光となり、まともな人間尊重思想を発見させる光になるのだ。そこに「この子らに光を」ではなく、「この子らを世の光に」という主張の根拠がある。ところで、彼らがその思想に至らせる光なら、彼らの人間としての価値をわからせてくれるのはイエス・キリスト様の福音という神の光に他ならないから、これも「あなたの光で、わたしたちは光を見ます」という具体例になるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。