FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフワーク

 今年の年間第17主日の福音はマタイ13章44-52だ。そこでは天の国の譬えが三つ語られる。先の二つは天の国の価値についてであり、最後の一つは天の国に誰が入れてもらえるかその裁きの譬えだ。第一の譬えについてだけ考えてみようと思う。それは新共同訳ではこう訳されている。
 「天の国は次のようにたとえられる。畑に宝が隠されている。見つけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り、持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う。」
 原典のギリシャ語とヘブライ語訳で読んでみた。ヘブライ語訳で読んでみたのは、イエス様はこんな感じで話されたのだろうなという様子がよりよく想像できるからだ。残念ながらギリシャ語だと全然イエス様の言葉のようには感じられない。でも現在ではそれが原典だから、それはそれで尊重しなければならないが、やはりヘブライ語の方がいい。日本語訳で言うと、新共同訳はまちがってはいないが、この譬えの最初の部分は「天の国は畑に隠された宝に似ている」と訳したフランシスコ会訳の方が良いと思う。
 原典のκεκρυμμενονは動詞κρυπτω(隠す)の過去分詞だ。だから、「隠された宝」と訳すべきで、「畑に宝が隠されている」と受動現在形に訳すのはやや不適切だと思う。ところで、隠されたと言えば、隠した人がいるわけで、見つけた人が隠したわけではない。もし畑の持ち主が隠したのなら、その畑を売りはしなかっただろう。タラントンの譬え(マタイ25;14-30)の1タラントンを地の中に隠した僕のように、いつかそれを掘り出すつもりだっただろうからだ。それなのに、この譬えの畑は売られた。ということは、畑の持ち主が隠された宝の存在を知らなかったからだと推察できる。
 では誰が隠したのか?と考えると、きっとかなり前に誰かが隠して、そのまま死んでしまったのか、あるいは何らかの理由で掘り出せないままになってしまったのだろうと想像できる。そして時が経ち、その宝の存在を知る者は誰もいなくなって、その畑は何の変哲もない普通の畑と見られていた。ところが何かの偶然から、ある人がそこに宝が埋まっているのに気付いた。自分の畑ではないのに入って見つけたのだから、見つけた人は単なる行きずりの人ではあるまい。畑を耕していた下僕も考えられるが、地主から畑を借りている小作人が一番当てはまると思う。とにかく畑の土を掘り返す機会があった人だ。いずれにせよ、そういう想像をしてこそこの譬えは面白さが増す。通り一遍の解釈ではだめだ。
 ではこの譬えのメッセージは何だろうか?多くの人は天の国の価値がいかばかりかを知らない。ところがそれは畑に埋もれた宝と同じで、畑の表面にごろごろ目につく土くれや石礫のようなものではない。働いた結果か偶然の恵みかは別として、見つけ出さなくてはならないものだ。しかし、見つけた人はその価値の大きさに驚嘆歓喜して、そっと埋もれたままにして家に帰り、自分の所有物を全部処分して、その畑の購入資金を作り、その畑を買う。だが、目当ては畑の中にある宝だ。この譬えを聞く人よ、あなた方も天の国がどんなに素晴らしいかを知ったら、その人のように今持っている全てを売り払って、それを手に入れようとするだろう。そうしなさい。そう勧めているのがこの譬えのメッセージであろう。
 イエス様はよく後で弟子たちに譬えの意味を解説なさったが、ではその伝でいけばこの隠された宝の譬えはどう解説できるだろうか?こう言えるのではなかろうか。宝とは天の国のこと、宝が隠された畑とは福音的人生、あるいは真の教会と言ってもいいだろう。宝をその畑に隠されたのは神、その畑の持ち主も神、天の国という隠された宝をその畑に見つけた人は恵みをいただいた人であろう。その人は宝がない畑のようなそれまでの自分の人生を売り払い、天の国という素晴らしい宝のある人生を選び取る。普通の人生を、福音的人生に買い替えるのだ。
 キリスト教の洗礼はその実現だ。それによって人は新しい人生を始める。天の国と言う宝がある人生の畑で働き出すのだ。そうしなさい、とイエス様はその譬えを話された。譬えの人は宝を見つけた時、「喜びにあふれて」帰り、財産を全部処分してその畑の購入資金を作った。それと同じように、福音的人生を選び取った人は宝の隠された畑を買い取った人のことだ。この譬えには「売る」と「買う」の行為がある。福音的人生を「買う」には既存の所有物をすべて「売る」覚悟が必要だ。だがそれはいわゆる財産のことではない。それまでの物の考え方、生き方のことだ。むしろそれらを処分して、主の福音を信じることにある。
 それは、その畑に宝があると知っても、現状に執着してそれを断念する勇気がなく、何もしなかったら、天の国という宝は得られないことを意味する。神の教えを知っているだけの学者や、宝のすばらしさがわかっても、今の自分を捨てきれない者はそれに当たる。天の国は自分の古い人生を売り払って、天の国という宝がある新しい人生に買い替えることだ。選択と犠牲と決断がなければそれは実現できない。私は19歳の時そうした。そして、カトリック教会で洗礼を受けた。
 その時、私は過去の全てを処分し、主の福音に従って生きる人生を始めた。それは私における隠された宝の譬えの実現だった。それ以来私は職業を幾つも経験した。奉仕活動も手を貸す運動は34年、ボーイスカウトは30年、ベロニカ苑と地の星への奉仕は計24年行った。趣味で数十年間絵を描いて来た。しかし、どれも私のライフワークではない。私が選び取ったというより神様の恵みで与えられた、素晴らしい宝のある福音的人生を生き切ること、それが私のライフワークだ。そして、それが「畑に隠された宝のたとえ」についての私の理解だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。