スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あべこべ

 「気をつけよう甘い言葉と民進党」
 6月14日、安倍総理は大分での講演でそう揶揄したそうだ。

 6月15日、朝日川柳の一句は、その山彦をこう返して来た。
 「気をつけよう甘い言葉と安倍政権」

 知る人ぞ知る、どちらが嘘パッチの品性下劣な中傷で、どちらがずばり真実を喝破しているかを。
 安倍はあべこべ。
スポンサーサイト

RETRACTANDUM

 4日前のブログで「飛行機は離陸前エンジンの出力を最大にして、離陸する。キリスト者の人生はそれに似ている。死ねば無に帰すのではなく、離陸して神の御国に帰天する。それがキリスト者の死生観だ。そのためには、老境に入ってこそ人生の出力を最大限に出したいものだ」と書いたが、、「そのためには・・・」以下の最後に一節を撤回する。“Retractandum”とはラテン語で「撤回すべき」という意味だ。前半の人生終末観はその必要はまったくない。むしろ堅持すべきだと思っている。
 しかし、撤回部分はよくない思考だと気づいた。「老境に入ってこそ人生の出力を最大限に出す」という考えにはまず無理がある。病気がちになったり、認知症になったり、老いれば気力も体力も衰えていくのが普通だ。それを今まで以上に頑張らなくてはいけないみたいな言い方は酷であり、人生の自然に合致していない。優しさ不在で恥ずかしい。元気でいられる人は元気でいればいい。だが、老境に入ったら主の慈しみを信じるだけでよく、帰天できる日を祈ってゆったりと待とう、という言うべきであった。
 そればかりではない。人生の出力を最大限にして神の御国に帰天するという考えは、キリスト教の救いの教義と合わないことにも気付いた。なぜなら救いは本質的に神の恵みによるのであるのに、自分の力によって達成するような表現だったからた。確かにイエス様は天に宝を積みなさいと言われた。人はできる限り善を行ない、天に宝を積まなければならない。だが、それによって救われるのではない。救いは主イエス・キリストの死と復活によって達成され、それを信じる者はその恩恵によって神の御国に招かれるのだ。自分の努力によるのではない。天に宝を積む努力がゼロでもいけないのだが・・・
 それを喩えると、救いとは人を愛して無限歩近づいてくださった神に、人がたったの1歩近づくようなものであろうか。神の無限歩こそ恵みと言われるもので、その具体的現れが 「ことばが肉となった」Incarnationだ。そして、人の行なうたった1歩とは「天に宝を積む」善である。それがゼロでは、いくら神からの無限の恵みがあっても、無限×ゼロで、救いはゼロになる。しかし、無限×1なら結果は無限になる。聖書が教える救いとはそういうものだ。神は無限歩近づき人は一歩近づく。それ合わさって救いは成る。撤回した一節はこの思想と相容れない。だから撤回した。


季節寸感

 夏が来た。この頃、散歩の折にわが街の路傍で見かける花は、アジサイ、エノテラ(月見草)、山法師、タチアオイ、野草ではホタルブクロ、ドクダミ、ヒメジジヨンなど初夏の花々だ。花は季節の移り変わりを一番よく教えてくれるものだが、これら初夏の花々を見ると、今年ももうほぼ半分が過ぎようとしていることに気付く。
 ということは、人生の持ち時間もそれだけ減ったことを意味する。そして、自分の離陸は遠くないと自覚する。飛行機は離陸前エンジンの出力を最大にして、離陸する。キリスト者の人生はそれに似ている。死ねば無に帰すのではなく、離陸して神の御国に帰天する。それがキリスト者の死生観だ。そのためには、老境に入ってこそ人生の出力を最大限に出したいものだ。
 花は季節の推移を教え、人生の季節を示唆する。

未来の選択

 5月19日から27日までオランダに行っていたが、帰国して最初に見たテレビ場面はオバマ米大統領の広島訪問演説だった。聞いて感動した。とくに結びの言葉が鮮烈に記憶に残った。彼はこう語った。
 「世界はここで永遠に変わりました。しかし今日、この街の子ども達は平和に暮らしています。なんと貴いことでしょうか!それは守る価値があり、すべての子どもに拡大していく価値のあるものです。私たちが選ぶことのできる未来とはそれです。それは広島と長崎が『核戦争の夜明け』ではなく、私たちの道徳心の目覚めの出発点として知られるような未来です。」(新聞の訳を改訳)
"The world was forever changed here. But today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting, and then extending to every child. That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as but as the start of our own moral awakening."

 朝日新聞5月28日1面の解説は、オバマ米大統領がこの結びで、「広島と長崎は『核戦争の夜明け』ではなく、私たちの道徳心の目覚めの始まりだ」と述べていたが、よく読むとそれは少しずれた解釈に思える。この結びの根幹的コンセプトは、核なき未来の選択にある。
 それはこう呼びかけたのだ、と私は見る。あの悲惨があった広島では今、子ども達が平和に日々を送っている。その素晴らしさ、貴さこそ守るべき価値のある未来で、それこそが全世界の子たち、すなわち全世界に波及させるべきすべ未来だ。広島と長崎は、両市が「核戦争の夜明け」としてではなく、核戦争の廃絶を目ざす「私たちの道徳心の目覚めの出発点」として知られるような、そういう望ましい未来の証しだ。私たちはそういう未来の選択をうながされている、と。

 彼の演説には人類の未来を思う理想の哲学があり、誠実さと人情がにじみ出ていた。安倍首相も続いて演説した。だが、4日後の朝日川柳には「歴然と首相の言葉の貧しさよ」という一句があった。情けないかな、その通りだった。聞いた者の心を打たなかったのは、言葉だけが上滑りし、心底から人を敬い愛する心が乏しいからではないか。それに、政治的思惑が見え見えだった。
 
 演説翌日の朝日新聞朝刊には故トルーマン米大統領の孫を取り上げた記事があった。彼はオバマ大統領に広島訪問を働きかけた一人でもあり、息子を通して被爆少女佐々木禎子さんのことを知って以来、原爆による被害と悲惨さを語ってきたそうだ。私は持論として、原爆投下を命じた故トルーマン米大統領も人道に反する罪で裁かれるべきだと、何度もコラムに書いてきた。しかし、彼の孫の行動を知って、そういう糾弾はもうやめることにした。裁きは癒さないが、赦しは癒すからだ。

 ヨーロッパへの往復はやはりきつかった。何となく疲れがとれず、いろいろなことがまだ処理しきれないでいる。しかし、オバマ米大統領の歴史的な広島訪問演説は記録しておかなくてはと思ってこれを書いた。6日遅れではあるが、"Mieux vaut tard que jamai."
プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。