FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしたちの本籍は天にある

 昨日、手を貸す運動Ⅱニュース12号発送作業をし、本日投函した。2年前の再始動時に比べれば6倍の数量だ。短期間にずいぶん回復できたと思う。しかし、支援者は全体的に老齢化してきている。今回のニュースでも一人レクイエムの知らせをした。よきアドバイザーであり中核的な貢献者だったC.M.さんの帰天は大きな痛手だったが、今はただ天におられる彼女のとりなしと保護を祈るばかりだ。サーボランのMさんのご主人も三日前に逝去し、義兄のHも同じ日に他界した。こんなに死者が多いと、自分の番も遠くあるまいという思いがよぎる。
 ところで、今日のミサ第二朗読は使徒パウロのフィリピの教会への手紙3.17-4.1であったが、そこには私が過日板材に墨書した、私達の帰天とかかわる一節、「わたしたちの本国は天にあります」(3.17)という言葉があった。フランシスコ会訳は「本国」を「本籍」と訳していて、私はこちらを採用して墨書したが、原文のギリシャ語はποριτευμαである。パウロは続けて書いた。「そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、わたしたちは待っています」と。
 この一節が私の記憶に強く残ったのは、フルトン・ウスラー著Modern Parablesにある実話を読んだからだった。その話の要約はかつて「日本語いっぽいっぽ」の最終章に教材として使ったが、それはこんなストーリだった。
 時代は18世紀。英国のある刑務所に一人の老女囚がいた。アルコール中毒で、酒のせいで犯罪を重ね、刑務所を出ればすぐ再犯で捕まり、その時は50回目の刑期だった。彼女は世を呪い、壁を叩き、看守に唾を吐きかけ、もう更生は絶対無理と思われていた囚人だった。ところがある時から彼女の行状が変った。その変化を起こしたのは二つの出来事だった。一つは差し入れられた聖書、もう一つは赤子連れの若い女囚が同房となったことだった。真偽のほどは知らないが、18世紀の英国ではまだそんな収監があったようなのだ。 
 何もない獄中だから、彼女は差し入れの聖書を何となく開いた。そして、読んでいくうちに、神が魂を照らして天の故郷に導くという教えが、なぜか彼女の心をとらえた。他方、同房の女囚母子といっしょにいるうちに、老女囚の心にはいつしか優しさが芽生え、二人を哀れに思って面倒を見たり、赤子が熱を出したときなどは夜通し眠らずに看病してやったりした。そして、母親が立ち直り、赤子がまともに育つことを願うようになったのだった。
 さて、時が過ぎ、死も遠くないとわかるほど彼女が衰弱してしまったとき、若い女囚は言った。「私に何か形見になるものをくださいませんか。それを大事に持って、ここを出たらまともに生きて行きたいからです」と。老女囚はそれを約束した。そして、翌朝から看守も母子もまだ寝ている間に、彼女は持ち合わせのスカーフに文字の刺繍を始めた。刺繍材料がない刑務所だったから、針の代わりはヘアピン、刺繍糸の代わりは髪の毛だった。己が髪の毛を一本一本抜いてはつないで刺繍したというその発想に、驚きかつ感動したのを思い出す。
 彼女は出来上がった刺繍を若い女囚に上げると、間もなく死んだ。しかし、形見の刺繍は残った。それは聖書の言葉で、まさに今日読まれたフィリピの教会への手紙の一節だったのだ。ただ彼女は“Our”を“Thy”と変え、古い英語で“Thy home is in Heaven”と刺繍していたが、この実話を読んで以来、「わたしたちの本籍は天にある」の一節は私の脳裏に刻み込まれて、忘れられないものとなった。
 この数日間に私の周囲では3人もの人が次々逝去した。「人は誰もが世を去るんだ」と、覚悟をあらたにする。しかし、「天の本籍」という言葉には何か嬉しい響きが感じられる。望ましい故郷があるという希望を与えてくれるからだろうか。そんなものはないと否定する者もいよう。いや、現代ではむしろそれが多数派だろう。しかし、死んだら何もないと思うより、天に本籍があると信じる方が、残された者にとってどれほど励みになることだろうか。人がどう思おうと、私は聖パウロと共にそれを信じる方に賭ける。

わたしたちの本籍



スポンサーサイト

遥かに素晴らしい道

 昨日、1月31日、教会年間第4主日ミサの聖書は、第一朗読がエレミヤ書1.4-5, 17-19、第二朗読が使徒パウロのコリントの教会への第一の手紙12.31-13.13、福音がルカ4.21-30だった。普段はやはり福音をメインに考えるのだが、この日は第二朗読が私の中ではウエイトを占めていた。ところが、説教はそれには全く触れなかったし、朗読者は前半の12章31節~13章3節を省いて、13章4節からだけしか読まなかった。これには納得できなかったから、私見を少々書いておこうと思う。

 朗読者が第二朗読の前半を省略したのは、司祭の指示があったのかも知れないが、「聖書と典礼」ではそこが≪≫で囲まれ、省略可となっていたからだろう。しかし、そこを省略したら、その朗読は時間を短縮できる利点はあっても、聖パウロがその後半で称揚した愛の教えを聴衆に十分わからせないまま終わるマイナス面があった。だから本来省いてはならない章節だったのだ。それなのに省かれてしまっては、聖パウロのメッセージが果たして十分伝わるのだろうかと疑問に思えた。私はむしろ12章27節まで遡って、その章節を視野に入れながら解釈するのが一番理想的だと思っている。

 その理由はこうだ。聖パウロは12章31節で「あなた方は、より優れた特別な恵みを得ようと努めなさい」(フランシスコ会訳)と勧めた。ところで、「より優れた特別な恵み」と言うからには、それより劣る恵みがあるはずだ。では、それは何かというと前の12章で彼が縷々語った霊的賜物に他ならない。他方には、それらに優る賜物がある。それが「より優れた特別な恵み」で、13章1~13章で語った愛がそれに当たる。だから、彼は「そこで、わたしは遥かに素晴らしい道を教えましょう」と書いたのだ。愛こそがより優れた特別な恵み、すなわち遥かに素晴らしい道だと。このより劣る恵みとより優れた特別な恵みの比較とコントラストがあってこそ、この朗読箇所は十全に理解できるものだと思う。
 
 では、より劣る恵みとはどんなものかと言えば、12章27~30節がそれを要約している。曰く。「あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその部分です。神は、教会の中にいろいろな人をお立てになりました。第一に使徒、第二に預言者、第三に教師、次に奇跡を行なう者、その次に病気をいやす賜物を持つ者、援助する者、管理する者、異言を語る者などです。皆が使徒であろうか。皆が預言者であろうか。皆が教師であろうか。皆が病気をいやす賜物を持っているだろうか。…」と。
 これらはどれも素晴らしい賜物だ。だが、誰もがいただくものではないし、いただくのは一人一人が違う。そして、それより大事なことは、どんなに優れた恵みであるとしても、それらが最高ではでないことだ。それに対して彼が得ようと努めなさいと励ました「より優れた特別な恵み」は、誰もが普遍的にいただけるだけでなく、最高に優れた恵みなのだ。そして、愛こそがそれだ、と彼は教えた。ギリシャ語ではフィリアと呼ばれる愛とエロスと呼ばれる愛もあるが、使徒パウロがここで語るのはアガペという愛だ。

 13章初めの1-3節は、「もし愛がなければ」という仮定の表現で、6つの恵みまたは賜物を無意味だと否定している。その6つの恵みとは、異言、預言、教師、信仰、援助、殉教だ。これらは彼が12章で縷々語った霊的な各種の賜物に他ならない。ところが、そういう恵みをいくらいただいていても、もし愛がなかったら無に等しく、何の益もない、と彼は断言したのだ。すなわち霊的賜物のおかげで行う善行も、すべては愛がともなってこそ価値あるものとなると言い切ったのだ。
 ここで、私たち支援活動をしている者として、「全財産を人のために使い尽くそうとも、愛がなければ何の益もない」という警告に耳を傾けなくてはならない。全財産を人助けに費やすことは立派な善だ。だが、愛が伴わなければ、それも神様の前には空しいのだと心に刻んでおく必要がある。もう一つ、山を移すほどの信仰があっても、愛がなければ無に等しいと言われた例だ。プロテスタントは「聖書のみ、信仰のみ」を基本にしているが、信仰だけでは無に等しいと聖パウロ自身が言っていることに気付くべきだろう。

 愛がなければ、他の物事はすべて無価値だと言い切った後、彼は愛がどんなものかを描写した。それが13章4-7節だ。これはアガペと言う愛の本質的定義ではなく、愛をいろいろな角度や現象から見て述べた描写的定義だと言えよう。ただし7節は「すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える」と、私が嫌いな聖パウロの「すべて癖」が出ているので、「ちょっと…」と横に置く。しかし、4-6節は私たちの信仰生活や社会生活で大いに役立つ、実に優れた例だと思う。そこで半紙に墨書してみた。

愛は情け深い

 13章8節はアガペと言う愛の不朽不滅性を指摘している。9-12節はここでは飛ばしていいだろう。しかし、最終節の13節はこの上なく重要だ。福音的生き方の神髄が凝縮されているからだ。聖パウロは書いた。
信望愛
である、と。これこそ彼が「より優れた特別な恵み」と教えた「遥かに素晴らしい道であり、改心後の彼自身が生涯かけて生き抜いた道であった。そして、その道とは「神と人への愛に生きること」にある。

 してみると、アガペというこの愛を言葉で本質的に定義することは至難だ。できたとしてもあまり意味がないだろう。それよりもむしろ使徒ヨハネが第一の手紙4章7-13に書いたことを、「愛のある所に神在す」の二言で表現した方が適切だと思う。愛は神ではないが、神は愛であり、アガペの愛はそこから出る最も素晴らしい恵みだからだ。だから、その二言をカンナ屑の紙に墨書してみた。これをもって考察の結びとする。

愛のある所に




プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。