スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした新しい試み

 昨年末から墨書に凝っている。まだまだ納得のいく字ではないが、墨で書くと気持ちのカタルシスが起こるのか、心が軽くなる。それがいい。それに、書は短時間で済むのもありがたい。絵は水彩画でも長時間かかるものだが、書だと半紙一枚に書く時間は細かい字でも数分で終わる。墨をする時間の方がずっと長いくらいだ。墨汁を使わない私は、墨をすりながら静かにいろいろ考え事をする。その時間がまたいい。
 墨書のきっかけは、昨年暮れにあった高山右近帰天四百年記念の茶事の際、掛軸の書を頼まれたことだった。その時、墨書っていい緊張感と清廉感を味わえるものなんだなぁとわかったのだ。だから、その後通販で半紙を取り寄せ、暇があれば書くようになった。

 しかし、今は板やカンナの削り屑に書くことを試みている。ある日、昵懇にしている大工さんに、半端な板切れが出たらもらえないかと聞いたら、ああいいよと約束してくれて、工場にもらいに行ったら、立派な板を何枚も取っておいてくれたからだ。それは木目が実に美しい樹齢数百年の秋田杉や青森産ヒバ、木曽ヒノキの板などだった。それを自宅で適当な長さに切って、壁に掛けられる板の短冊にした。もう何本かには聖句などを墨書したが、木だから書く前にはもちろん砥の粉を塗る。
 大工さんの工場へ行った時、思ってもいなかったのが機械カンナの削り屑だった。それを見て、私は板よりもむしろそれに興味を持った。削り屑と言っても機械削りだから幅は20センチもあり、超薄い経木のようだった。それは屑と呼ぶにはもったいないくらい見事な、天然の木目が入った無加工の紙に思えた。これに墨書したらどうだろう?大昔の人は木簡を使ったそうだが、もしその時代にこんなカンナ屑があったら、きっと大喜びで利用したに違いないと思った。しかし、「これもください」とは言いそびれて、もらわずに帰ってきた。

 ところが、頼みもしなかったのに、後日その大工さんがわが家に半端物の板を持ってきてくれた。その時、端板を例のカンナ屑で包んでいたのだ。というわけで、工場に行ったときはそれも欲しいとは言えなかったが、思いがけない形で手に入った。もちろん大いに感謝した。カンナ屑は丸まってしまうから、そのままでは墨書できない。私はボール紙に糊で貼り付けて平らにした。少し皺はよるが、これは避けられない。板と違って、砥の粉を塗ってはだめなことも分かった。塗ると凸凹の皺ができるからだ。この自然紙の良さは、木の香りと天然の木目があり、墨書すると自然界の感触があることだ。

 さて、その試し書きをしてみた。板短冊はどんな言葉でもいいが、カンナ屑の自然紙には何か自然が感じられる言葉にしたいと思い、脳裏にすぐ浮かんだ詩にした。三木露風ふるさと」だ。青年時代はこんな詩をよく読んだものだなぁと、少し感傷にひたりながら墨書してみたら、こんな風になった。砥の粉を塗ってないttaので、やはり少し字がにじんでしまう。でも、こんなちょっとした新しい試みをするのも、老化防止になるのではなかろうか。

鉋屑紙 ふるさと

 そうそう、板短冊はこんな風になる。砥の粉がぬってあるので、板地は少し黄色がかってくる。

  板短冊 太陽が輝けば


スポンサーサイト

棘の体験でわかったキリストの神秘体

 新年が来たと思ったら、もう1月も終わろうとしている。時の経つのは何と早いことか!
 さて、大寒の最中だが、昨日は天気も良く暖かかったので、久しぶりに庭仕事をし、特に気になっていた垣根のつるバラを剪定した。ところが、気をつけていたのにやっぱり棘が刺さり、思わず「痛ッ!」と叫んでしまった。幸い左手親指だったので、すぐに抜くことができた。
 だがそれで思い出した。以前、右手の薬指に棘が刺さった時の体験とキリストの神秘体のことだ。去る1月23日は年間第3主日だったが、そのミサの第二朗読がコリントの教会への第一の手紙12.12-30だったからだ。要点だけ書くと、使徒パウロはそこに次のようなことを書いた。教会をキリストの神秘的な体に喩えた教えである。

 「体は、一つの部分ではなく、多くの部分からなりたっています。足が『わたしは手ではないから、体の一部ではない』と言ったところで、体の一部でなくなるでしょうか。…それどころか、体の中でほかの部分よりも弱く見える部分が、かえって必要なのです。…神は見劣りのする部分をいっそう引き立たせて、体を組み立てられました。それで、体に分裂が起こらず、各部分が互いに配慮し合っています。一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです。あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその部分です。」

 ところで、以前体験した時の棘は昨日のとは違って、右手の薬指の付け根に刺さったのだった。だから抜くのに悪戦苦闘した。そしてその体験が、聖パウロの語ったキリストの神秘体の教えを私に実感させてくれたのだ。昨日の棘はその時の記憶を蘇らせてくれた。ところが私は右利きだだから、昨日と違ってその時は利き手ではない左手で、右手の棘を抜かなければならなかった。たかが棘抜きぐらいと侮るなかれ。それは思ったよりもはるかに大変だったのだ。
 私は子供の頃から棘は針で抜く。特にその時は皮膚下に深く刺さっていたので、棘抜きではとても無理だった。だから針しかなかった。火で消毒し、左手に持って棘の見える所に針先を当てたのだが、左手だとなかなかうまくいかない。何とかやっと針先を棘の上に持って行けても、今度は力の入れ具合が難しい。力を入れないと針先が皮膚に入らないし、入れ過ぎれば針先が深く肉に入って痛い。だから、脂汗をかきながら、苦心惨憺してやっと棘を取り出せたのだった。 
 さて、出て来た小さな棘を見た時は何とほっとしたことよ!同時に「何だ、こんなにちっぽけだったのか!」と、その小ささに驚いて拍子抜けしたのも覚えている。しかし、すぐあることに気付いて感動した。普段は意識もしていない薬指の小さな部分ために、自分の全存在が目を使い、頭を働かせ、不器用な左手を必死に動かし、神経を集中して、実に微小な棘を除去しようと全力をあげていたことに気づいたのだった。そのことに感動したのは、それがまさに「一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しむ」と言われたキリストの神秘体の教えに当てはまったからだ。

 そして、その体験からもう一つのことがわかった。苦しみにせよ、喜びにせよ、それを「感じる」ということがいかに重要かと言うことだ。もし棘が刺さっても痛みを感じなかったら人はどうするだろうか?痛くないのだから、棘を抜こうとはしないだろう。棘ぐらいならいいが、ではそれが死に至るような病気だったどうだろうか?傷病があるのに痛みも異常も感じなかったら、人は痛みの原因に気づかず、気づいた時にはもう手遅れになっていて死ぬしかないということになりかねない。
 人は痛みを避けたい嫌な現象、消すべき悪だと思いがちだが、実はそうではないのだ。もっとも痛みをそういう悪だと思うからこそ人はそれから逃れようとして、結果的に痛みの原因である傷病や悪を除去することができるのではあるが、そもそも痛みとはその原因になっている何らかの悪元を教え、「傷はここだ。ここが病気だ。ここに悪がある。何とかして」と訴えるアッピールに他ならない、と私は思う。傷病や悪があるのに、その痛みを何ら感じられないなら、そのことこそ危険なのだ。 
 それはキリストの神秘体にも当てはまる。もしある部分に痛みが感じられたら、それは正常なしるしだ。心配は要らない。痛みがあれば、その原因である傷病に気づいて治すことが期待できるからだ。だが、ある部分に傷病があっても、全体がその痛みを何ら感じないなら、痛みの原因となっている傷病を治そうとする行動は起こらないだろう。その場合は深刻だ。では、教会の現実はどうだろうか?信者たちは神秘体である教会のある部分が苦しんだり悩んだりしている痛みを感じているだろうか?
 もし答えが肯定的なら希望がある。しかし、もし否定的なら深刻だ。信者の誰かが「信仰は自分と神様だけの問題だ。それは心の平穏に保つためにある」などと考え、習慣的に教会に来て、煩わされずに祈り、気持ちよく聖歌を歌い、他者の困苦や不幸には一切関わらないとすれば、そこには他者の痛みを感じられないという危惧すべき悪がある。無関心や鈍麻だ。棘がそれをわからせてくれた。こんな体験に照らして考察すると、キリストの神秘体もずっと生活実感のある教えとして理解できると思う。

 ところで、年間第3主日は他に二つの聖書朗読あった。第一朗読のネヘミヤ記8.2-10と福音のルカ1.1-4、4.14-21だったが、どちらも内容が豊富過ぎて、そのどちらか一つだけを取り上げても、とうてい一度では語りつくせないほどの箇所だった。ましてや上述の使徒パウロの手紙を加えたら、それら全部を同時に短い説教時間内に取り上げて語ることなどはどだい無理な話だ。そんなことをすれば「二兎を追う者は一兎をも得ず」の諺通りになることは明らかだ。
 そこで、では私ならどうしたかと自問してみた。そして自答した。私ならまず三つの聖書の箇所のどれか一つだけを選択する。内容が豊富であるほど、取捨選択に徹することが必要だ。そして、一つの箇所だけを選択したら、次はそれをよく吟味して、目の付け所をいくつか探す。そのあと更にそれらから一つだけを選択し、話題を絞り込む。そして、それについてだけ話す。私なら、そうしたと思う。
 例えば、第一朗読のネヘミヤ記8.2-10を取り上げようと、それを選択したとする。ならば、その章節にはどんな目の付け所があり、2500年前の出来事を現代の私たちとどう結びつけることができるかを吟味する。
 ネヘミヤ記のその章節は、バビロンの虜囚から帰ってきたイスラエルの民に、司祭であり書記でもあったエズラが夜明けから正午まで、モーセの律法の書を読み聞かせる場面だ。その日、虜囚から帰った「生き残り」の人々は男も女も、物事を理解できる年齢に達していた者は全員が広場に集まった。そして、エズラが木製の壇上から律法の書を読むと、民衆は「アーメン、アーメン」と唱和して両手をあげ、ひざまずいて泣いたとある。
 すると、総督ネヘミヤと司祭エズラは民衆に、「今日は聖なる日だ。嘆いたり泣いたりせず、行って良い肉を食べ、甘い飲み物を飲んで祝い合いなさい。食べ物や飲み物のない人には分け与えなさい」と勧めた。悔い改めて断食せよ、と言うのではなく、食べかつ飲んで祝いなさいという発想からそう言ったのだった。
 これは実に感動的な場面だ。だから、これについて話す人はまず自分がその感動を共感しなくてはいけないだろう。それなしに話したら、この聖書の箇所は冷めたピザみたいになる。さて、ではこの章節の中にはどんな目の付け所があるだろうか?
 私はまず「夜明けから正午まで、モーセの律法の書を読み聞かせた」ことに注目する。約6時間ぐらいだろう。たいへん長時間ではないか。だが民は飽きもせず不平も言わず、それを熱心に聞き、涙を流した。すごいなと思う。ひるがえって、私たちは教会でそんなことができるだろうか?黙想会はそうだというかも知れないが、そんな言い訳をするよりも、そこに学ぶべき何かを学ぶ方がよいと思う。
 「民衆が『アーメン、アーメン』と唱和して両手をあげ、ひざまずいて泣いた」という一節も目の付け所になる。アーメンとはそんな昔から使われ、今に至った意味濃厚な言葉だ。それにはいったいどんな意味があり、なぜそれがこの一節では感動的に唱和されたのか?それは興味深い問いだと思う。
 このとき読まれた律法の書とはどれだったのだろうか?それも取り上げるに足る問いだ。もし申命記だったら、「イスラエルよ、聞け」のくだりで人々は胸を打っただろう。その書にはどんな由来があり、人々はその朗読を聞いて何を思い、なぜ嘆いたり泣いたりしたのか?これも目の付け所となる。
 総督ネヘミヤと司祭エズラとレビ人たちが民衆に、「食べかつ飲んで祝いなさい」と勧めたのはなぜだろうか?これも目の付け所の一つになる。同時に彼らが「食べ物や飲み物のない人には分け与えなさい」と言った言葉も別の目の付け所になるだろう。
 福音についても同じことが言える。長くなりすぎるので、これについては詳述しないが、聖書はどんな章節にも目の付け所がいくつもあるものだ。しかし、短時間の話のこつは、それらのどれか一つに絞ることにある。欲張ってあれにもこれにもと言及すべきではない。大事なのは、目の付け所を多く見つけ出せる眼力と削ぎ落とす思い切りの良さがあることだ。それがあれば、一点集中で内容を深く話せるから、聞く方も興味を失わずに聞けるだろう。そうなればミサの説教も人を引き付けるものとなり得る。

明けまして、おめでとう

img005.jpg

 一昨年、社会福祉法人・地の星の広報地の星1月号に、私は「天の祝福、地の恵み」という年頭あいさつを書いたことを思い出した。そのとき感じていたのは、「明けまして」ということばはいいな、さすが言霊の国のあいさつだなぁ、日本人独特かな、という感慨だった。
 「新年おめでとう」もいいが、それは相手に新年が良い年であれと願うことで、願う自分、つまり人間が主語だ。ところが「明けまして」は違う。「明ける」は「開ける」でも「空ける」でもなく、「夜が明ける」「年が明ける」「新時代が明ける」など、主語は人間ではなく、天と地の時間的な推移の現象であって、その主語は天と地の「時」なのだ。私はそれに気づいた。少し説明すると、人間は「開けたり」「空けたり」はできるが、「明ける」ことはできない。だから、「明けまして」の主語にはなれない。となると、その主語は誰(あるいは何)かというと「天地」の時に他ならないということなのだ。つまり神様が創造された大宇宙の時の流れなのである。
 しかし、大宇宙の時という存在の一属性は人ではないから、仮に物を言ったとしても、「明けて」というに違いない。それなのになぜ新年の挨拶では「明けまして」という丁寧語になるのだろうか?そこがまた興味深い。それはその表現者が天地の時ではなく、日本語を話す私たち人間だからだ、と私は思うのだ。
 私たち日本人は、新しい年に畏敬の念と希望を抱き、感情を移入して、物言わぬ天地になり代わり、年が明けたことを代弁する。だから丁寧な「明けまして」という表現で、天地と共に挨拶する。そして、それに人間の祝意を加えるから、「明けましておめでとう」という挨拶になる。私はそんな風に解釈している。もっともこんなことを一々意識して挨拶する人はいないだろうが、この挨拶はいわば天地人の合作であって、それゆえに「新年おめでとう」よりも味わい深い。まことに秀逸な挨拶だと思う。
 では、なぜ年が明けたらめでたいのだろうか?それは生きて年が越せて、新たな年に良いことを期待するからだろう。大晦日と元日は考えてみれば、物理的には普通の日々と同じだ。しかし、それなのに人が新年を特別な日として祝うのは、人間がこの日をそう決めたからだ。それは元々切れ目もなく流れでもない時を、人間が「時間」という概念で人為的に区切っているのと同じで、新年や元日は人間が考え出した見事なリセット装置に他ならないと思う。
 ならばそれを大いに活用するのは賢い生き方ではなかろうか。だから、私はこの2016年の元旦には書初めの墨書をした。日本のよい習慣を活かしたいからだ。書の文言は陶芸家の丸山陶李さんのために書いた福音書の一節と同じだが、それは手を貸す運Ⅱ支援者の今年のためにそうあってほしいと願ったからだ。手を貸す運動の支援は、その恩恵を受ける子ども達にとって人を通して天から与えられる恵み、支援する人たちにとっては天に宝を積む行いだ。それゆえに願う。
 天の恵みを受ける人たちも天に宝を積む人たちも、太陽のように輝けますように!

      img004.jpg

 そして、訪問者の皆さん、どうぞ今年もよろしくお付き合いください。どうか皆さん、ご健勝で幸せな一年を過ごされますように!
プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。