スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の中に光が輝いた

 玉川学園の創立者故小原國芳先生は、毎年のクリスマス礼拝の式辞で、「人類には二人の偉大な恩人がいる。一人はお釈迦さま、もう一人はイエス・キリスト様です」と話し出すのが常であった。名言だと思う。イエス・キリスト様を神の子と認めない人も、人間として主イエス様がいかに偉大であったかは、そのご生涯を知る人なら誰もが認めるだろう。
 しかし、私はこの方を神である天の父が遣わしてくださった救い主、神の独り子であると信じている。だから、今日はそのご降誕を祝った。ミサには11時の降誕祭日中のミサに行ったが、この日の聖書は夜半のミサ、早朝のミサの聖書も全部原典のヘブライ語とギリシャ語で読んだ。夜半のミサの第一朗読はイザヤ書9章1節で、やはり格調が高い。それを墨書してみた。

img003.jpg

 これを今年のご降誕祭の見出しとする。

 福音はルカによる福音書2章1-20節までで、イエス・キリスト様がユダヤのベトレヘムでお生まれになり、天の使いが現れてその聖誕を羊飼いたちに知らせ、彼らが礼拝に行って、神を賛美しながら帰ったことを伝えている。そこにはイルミネーションも電灯もなく、地上の闇と動物小屋の暗がりがあった。御馳走もケーキもなく、パンと水だけがあった。暖かい夜具はなく、藁の寝床があった。貧しさの極限だったと言えよう。そんな中で神の御子は生まれた。
 しかし、日中のミサの福音はヨハネによる福音書1章1-18で、その赤子がどこから来られたか、その起源を語る。ルカが語った極貧状態の生まれとは何たるコントラストであろうか! 初めに言があった。言は神であった。万物はその言によって成った。「初めに神、天と地を創りたまえり。…神は言われた。『光あれ。』そして、光があった」とあるように、成ったもので、この言によらずに成ったものは何一つなかった。その言の内には命があり、その命は人間を照らす光であった。イザヤ預言者はその光が闇に輝くことを民に告げたのだった。その言は人となって私たちの間に住まわれた。それが降誕だったのだ。母マリアと養父ヨゼフにすべてをゆだねていた赤子は、天地を創造した言だった。
 日中のミサの第2朗読ヘブライ人への手紙1章1-6節も別の言葉でそれを教える。「神はかつて預言者たちによって、多くの形、多くの仕方で先祖に語られたが、この終わりの時代には、御子によって私たちに語られました。神は…御子によって世界を創造されました。御子は神の栄光の反映であり、神の本質の完全な現れであって、万物を御自分の力ある言葉によって支えておられます」と。
 これを受け入れるのがキリストの信仰者だが、これを受け入れなくても、人としてのその偉大さを認める人は、人類の2大恩人の一人に深甚の敬意を抱いてクリスマスを祝うことだろう。
   降誕祭、おめでとうございます
   天には神に栄光、
地には善意の人々に平和あれ。



スポンサーサイト

待降節2週間の聖書いくつかピックアップ

 待降節は英語ではAdvent、フランス語ではAventと言われる。それはラテン語の動詞advenire(やって来る、到来する)からできた名詞Adventus(到来、到着の意味)に由来する。では、到来とは誰(あるいは何)が来ることなのか?日本語はそれを待降節と訳した。そして、それが降誕祭につながるから、到来は救い主イエス・キリストの降誕だと思われがちだ。ところが、待降節中の聖書を俯瞰的に読んでみるとそうではないことがわかる。
 待降節は救い主の聖誕を待つ時期だと受け止めるのは、実は一種の思い違いなのだ。なぜなら救い主はもうとうに来られ、死と復活によって救いはすでに成し遂げられているからだ。従って、待つのは聖誕ではなく聖誕祭だ。この二つは違う。なのに、聖歌などにはそこを勘違いしている歌詞がなくはない。次に、待降節は主の再臨を再意識させる時でもあるのだ。それはこの時期の聖書を見ればはっきりわかる。つまり待降節には意図が二つある。一つは救い主到来を待望した追体験とその実現への感謝の祭り、もう一つはその救い主が裁きの主として再臨される終末の時への再意識づけとその準備だ。

 二つ目の意図が特に色濃く出ているのは待降節第1主日の聖書だ。この日の第一朗読はエレミヤ書33.14-16だったが、それは「ダビデのために正義の若枝を生え出でさせる」と予告し「『主はわれらの救い』とよばれるだろう」と、救い主の到来告げている。従って、待降節一つ目の意図に沿うが、旧約時代の預言だからそれは当然だ。ところが、福音はルカ21.25-28、34-36で、まさに世の終わりに「人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る」と書いてある、聖誕とはまったく異なる終末論的な場面である。
 聖書と典礼にある毎日の聖書を読んでいる人なら気づいたと思うが、実はこの福音はその3日前、つまり前典礼暦年最終主日だった「王であるキリスト」の主日の週の金曜日、土曜日に読まれたのと同じだったのだ。円の終わりの360度は同時に始まりの0度と重なるが、あたかもリレーでのバトン引き継ぎのように、典礼暦年の初日の待降節第1主日は前暦年度最終週の金、土曜日の福音をもう一度読んだのだ。典礼暦年は毎年終末のメッセージで終わるが、待降節第1主日の福音はまさにその継続で、主の再臨を告げるものだった。
 しかし、そこに描かれている世の終わりは、信じて待つ者にとっては暗いものではない。これは留意しておく必要がある。天変地異が起こり、諸国の民は不安に陥り怯えるが、主イエス様のお言葉は信じる者にとってはむしろ励ましに満ちている。「このようなことが起こり始めたら、身を起こして頭を上げなさい。あなたがたの解放の時が近いからだ」と。
 
 待降節でもお平日の聖書は通常と同じで、旧約(または新約の書簡等)と福音の二つだ。私は旧約聖書の時はヘブライ語のマソラ本で読み、福音はギリシャ語原典とヘブライ語訳で読むことにしている。もっとも、わからない時は仏訳や英訳、時には邦訳の助けも借りる。待降節第1週の平日は聖フランシスコ・ザビエルの祝日を除いて、旧約聖書が全部イザヤ預言書からだったところに特徴があった。
 12月1日(火)はイザヤ11.1-10「平和の王」の章節だった。
「エッサイの株から一つの芽が萌えいで、その根から一つの若枝が育ち、その上に主の霊がとどまる。…彼は主を畏れ敬う霊に満たされる。…正義をその腰帯とし、真実をその身に帯びる。狼は小羊と共に宿り、豹は小山羊と共に伏す。子牛は若獅子と共に育ち、小さい子供がそれらを導く。…獅子も牛もひとしく干し草を食らう。…わたしの聖なる山においては何者も害を加えず、滅ぼすこともない。水が海を覆っているように、大地は主を知る知識で満たされる。」
 若枝の比喩は主日のエレミヤ書と同じだったが、イザヤの表現は発想の奇抜さと格調の高さで強く印象に残った。
 この日の福音はルカ10.21-24で、主が喜びにあふれて、「天地の主である父よ」と天父をほめたたえ、「これらのことを知恵ある者や賢い者には隠し、幼子のような者にお示しになりました。そうです、父よ、これは御心に適うことでした」と言われた章節だった。
そして、弟子たちに言われた。「あなたがたの見ている目は幸いだ。言っておくが、多くの預言者や王たちは、あなたがたが見ているものを見たかったが、見ることができず、あなた方が聞いているものを聞きたかったが、聞けなかったのである」と。
 このお言葉を読んで思った。「あなた方(弟子たち)が見ているもの」とは救い主であり、「あなた方がきいているもの」とは神の国の福音のことであった。現代の私たちはもはや主を見ることはできないが、福音は聞いている。救い主が来られたことも、再び来られることも聞いている。見ないで信じている私たちの目も、福音を聞いた耳もまた幸いなのだ。
 12月2日(水)はイザヤ25.6-10aだったが、「死を永久に滅ぼしてくださる。主なる神は、すべての顔から涙をぬぐい、…」とあるくだりでは、ヨハネの黙示録21.4の言葉を連想した。
 12月5日(土)のイザヤ預言書30.19-26の章節中、21節もまた鮮明に記憶に甦った。こう書かれている一節だ。「あなたの耳は、背後から語られる言葉を聞く。『これが行くべき道だ、ここを歩け。右へ行け、左へ行け』と。」
 神は見えない。後ろにおられるからではない。前にいても見えない。しかし、背後からそう教えてくれると明かすこの言葉は安心感を与える。これは同書65.1に「わたしの名を呼ばない民にも、わたしはここにいる、ここにいると言った」とある言葉とペアで覚えておくといい言葉だ。神は私たちに、後ろからは行く道を教え、前からはここにいるここにいる、と手招きしてくださるというのだ。その慈しみのほどが感じられるではないか。
 ただ、新共同訳の「『これが行くべき道だ、ここを歩け。右へ行け、左へ行け』」という訳は、これでいいのかどうか。他の邦訳は微妙に違う。比較のため3例だけ挙げてみる。
●「あなたが右に行き、あるいは左に行く時、そのうしろで『これは道だ、これに歩め』という言葉を耳に聞く。」(日本聖書協会訳)
●「あなたたちが、右か左に行こうとするとき、『道はこれだ、これを歩け』と後ろでいうこえを、耳にする。」(バルバロ訳)
●「お前が右や左にそれようとするとき、お前の耳は、『これが道、ここを歩け』、と語る言葉を背後に聞く。」(フランシスコ会聖書研究所訳)
 私は原典や七十人訳、ブルガタ訳等に照らして、フランシスコ会訳が一番よいと思う。

 12月6日の待降節第2主日は第一朗読がバルク書5.1-9、第二朗読がフィリピの教会への手紙1.4-11、福音がルカ3.1-6だった。バルク書はユダヤ教のマソラ聖書では正典と認められていないので、ヘブライ語では読めない。イザヤ預言者に似た表現でイスラエル民族を鼓舞する予言だ。しかし、世界的視野があって言われた預言かどうかやや疑問だ。もっと適切な聖書の箇所があるだろうに、なぜこれなのだろうかとやや疑問を持った。
 第二朗読のフィリピの教会への手紙1.4-11では、「キリストの日に備えて、清い者、とがめられるところのない者となり」という一節に、待降節の二つ目の意図、すなわち主の再臨の意識づけが前面に出ていた。片や福音のルカ3.1-6は、救い主の到来に私たちの目を向けさせる序章だった。ルカは洗礼者ヨハネの出現を当時の歴史の中に位置づけ、イザヤの預言によって間もなく救い主が登場することを示唆した。実に巧みな書き方だと感服する。
 彼が引用したイザヤ40.3の預言は「荒れ野で叫ぶ者の声がする。主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。谷はすべて埋められ、山と丘はみな低くされる。曲がった道はまっすぐに、でこぼこの道は平らになり、人は皆、神の救いを仰ぎ見る」という箇所だ。実に格調高い預言だが、それがたいへん有名になったのはルカの引用のおかげでもあると言えよう。
 ただ、この引用はイザヤ書の原文と比べると、若干違いがある。当時は印刷技術がなく、手書きの写本しかなかったから聖書は貴重で、ルカは手元に一冊持っていたかどうか。記憶をたよりに書いたのかも知れない。持っていたとしても、イスラエル人でなかった彼が読んでいたのはギリシャ語の七十人訳だろう。だから若干の違いは大目に見るべきだろうが、どこがどう違うかはわかっている方がいいから、比較しておこう。
 イザヤ40.3は、原典では「荒れ野で叫ぶ者の声がする。主の道を整え、…」ではなく、「叫ぶ者の声がする。荒れ野に主の道を整え、…」と書いてある。叫ぶ者の声の主が誰なのか、どこで叫んでいるのかも不明だ。ただ、荒れ野では叫んではいない。しかし、その声は叫ぶ。「荒れ野に主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ」と。ところが、ルカはその声を「荒れ野に叫ぶ声」と解釈し、それが洗礼者ヨハネだと、彼にぴったりの描写に使った。
 待降節第二週、12月7日(月)の旧約聖書はイザヤ書35.1-10だった。「そのとき、見えない人の目が開き、聞こえない人の耳が開く。そのとき、歩けなかった人が鹿のように躍り上がる。口の利けなかった人が喜び歌う」とある5-6節は、これもキリスト教では人口に膾炙している。イエス様は洗礼者ヨハネの弟子たちが「来るべき方はあなたでしょうか?」と尋ねたとき、ここを引用して「わたしにつまずかない人は幸いである」(マタイ11.5-6)と言われた。
 12月8日(火)は無原罪の聖母の祝日だった。この日の福音はルカ1.26-38で、大天使ガブリエルによる乙女マリアへのお告げの場面だった。私はここであらためて、「神にはできないことは何一つない」という大天使の言葉と、それに応えて「わたしは主のはしためです。お言葉のとおり、この身になりますように」と言った聖母の言葉を心に留めた。そして、その証にその2句を墨書した。この無原罪の聖母の祝日を境に、待降節は主の再臨のテーマから救い主のご降誕というテーマの方へと流れが大きく変わったように思える。

 12月13日(日)は待降節第3主日だった。教会の4本ローソクは3本に火が灯り、待降節の半分が過ぎたことを実感させた。この日の第一朗読はゼファニア書3.14-17、第2朗読は使徒聖パウロのフィリピの教会への手紙4.4-7、福音はルカ3.10-18であった。この主日は昔から「喜びの主日」と言われてきた。フィリピの教会への手紙のこの日の章節に、「喜びなさい」(Gaudete)という言葉が次のように繰り返し出てくるからだ。
 「主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。あなたがたの広い心がすべての人に知られるようになさい。主はすぐ近くにおられます。」”Gaudete in Domino semper: iterum dico, Gaudete. Modestia vestra nota sit omnbus hominibus: Dominus prope est.” この一節は印象に残ったというよりも、むしろすでにラテン語で私の脳裏に染みついている。もちろんそれは心に響く。嬉しさに満ちた、感動的な言葉だ。
 ただ、私にはその中に一つだけ好きになれない用語がある。「常に」だ。「喜びなさい」はいい。素晴らしい励ましだ。でも人は常には喜べないのではないか?愛する者を失った時は悲しい。喜ぶのは無理だ。テロ事件の後またしかり。共に嘆くのが人情だ。どうも聖パウロには「いつも」「何事も」「すべてにおいて」などと言い易い癖があったようだ。しかし私は思う。主において喜ぼう。でも「常に」ではなく、悲しい時は悲しむ方がいいのだ、と。
 ところで、「主はすぐ近くにおられます」という一句は待降節と最も関わりがある言葉だと思うが、その正確な意味は何だろうか?原典のεγγυς.(近くに) という副詞には場所的な意味と時間的な意味がある。では、この場合はどちらかというと、私は時間的な意味にとるべきではないかと思う。なぜなら、聖パウロは主が場所的には父の右に座しておられると知っていたはずだからだ。従って、ここでの「近くに」は時間的に「主が来られるのは近い」の意味だと解釈できる。だとすれば、これは聖誕のテーマではなく、再臨のテーマだ。
 しかし、福音のルカ3.10-18はどちらかと言えば聖誕のテーマだ。主役はやはり洗礼者ヨハネだが、彼は救い主の到来を明言する。ところが、その救い主のイメージは裁きの主と重なる。つまり救い主の到来は聖誕のテーマに属するが、その救い主はもう生まれ育って世に出るばかりの神の独り子であり、裁きの日の主とオーバーラップしている。だから、洗礼者ヨハネは待望の救い主を二重のイメージで次のように紹介したのだ。これは興味深い。
 「民衆はメシアを待ち望んでいて、ヨハネについて、もしかしたら彼がメシアではないかと、皆心の中で考えていた。そこで、ヨハネは皆に向かって言った。『わたしはあなたたちに水で洗礼を授けるが、わたしより優れた方が来られる。わたしは、その方の履物のひもを解く値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻は消えることのない火で焼き払われる。』」
 私たちは待降節に旧約の人たちが救い主の誕生を待ち望んでいた過去を追体験する。しかし、実際に待っているのは主の再臨である。待降節はそれを意識させる。洗礼者ヨハネがまだ登場していなかったのに紹介した「わたしより優れた方」即ち人々が待望したメシアは、すでに誕生して人々の間におられ、同時に世の終わりに良い麦は倉に、殻は火に投げ入れる裁き主として来臨する方であった。 
 以上、自分の知的訓練のために、今年の待降節2週間の聖書からいくつかをピックアップしてみた。私の日々はそれらと共に過ぎている。

これまでとこれから

 毎年12月8日は無原罪の聖母の祝日だが、自分の洗礼記念日でもある。だから毎年何かを書いてきたが、今年はあまり時間がないので、私の人生の真の出発点となった受洗以来の過去とこれからのことを少しだけ書いてみたいと思う。
 私が洗礼を受けたのは19歳の時だった。あれからもう67年にもなる。振り返ってみると、もし主の福音に出会っていなかったら、私のこれまでの人生はまったく違ったものになっていたに違いないと思う。受洗はその後の私の人生を決定づけたものだった。それにしても、それ以来の年月には何といろいろなことがあったことか。私の歩いてきた道は紆余曲折、山あり谷あり、波乱に満ちていた。中でも3回経験した大きな決別は忘れがたい。
 決別とは、前のものを捨て、新しいものを選ぶ断絶であるが、その最初の経験が洗礼だった。ちなみに、他の二つは、一つが目指してなった職からの決別で、これは38歳の時。も一つは旧手を貸す運動との決別で、これは83歳の時だった。しかし、この二つについてはこれ以上ここで言及するつもりはない。ただ他の二つの決別が苦渋に満ちていたのに対し、洗礼が原因の決別は喜びと生きがいに満たされていた点で大いに違っていた。

 今日取り上げるのは、洗礼の時必然的に求められる決別についてだが、それはそれまでのものの見方、考え方、感じ方、生き方、宗教を捨て、主の福音に従ったものの見方、考え方、感じ方、生き方を選ぶことにある。これは一つの断絶であり、改宗とも言われる。今までのものと断絶するのだから、そこには当然痛みがある。しかし、洗礼の場合(もちろんしっかりと自覚した大人の場合だが…)は痛みよりも比較にならないほど喜びと慰めが大きい。
 もっとも、洗礼を受けて過去を否定し、心と生活のあり方を一新しても、同じ一人の人が生きている以上は全てが断絶するわけではなく、当然ながら継続するものはある。身体はその一つ。知識や技能、生活環境や労働も変わらずに継続するものだ。しかし、ものの見方、考え方、感じ方、生活態度、行動、宗教行為などは以前と断絶し、新しくなる。洗礼ではこの決別が起こるのだ。聖パウロはそれを「古い人を脱ぎ捨て、新しい人を着る」と言った。
 しかし、洗礼がもたらすのはそればかりではない。これは教会が教えていることだが、最も驚くべきことは、神がくださる成聖の恵みのおかげでそれまでの罪がすべて清められ、神の子として生まれることである。二度目の誕生だ。これは人が自力でできる断絶ではなく、神がしてくださることだ。だから、この点は過去との断絶ではあっても、決別とは言えない。ゆえに、洗礼は人が望まなければ受けられないが、罪を清められ、神の子としていただくことは人の力の及ばないこと、まさに神の恵みなのである。

 19歳の時に洗礼を受けて、私は過去との決別をした。だが、罪から清められ、神の子とされたのは神の憐みのおかげで、私の過去との決別はその前提条件にすぎなかった。もっとも、過去との決別と言っても、過去のすべてを否定したわけではない。継続するものもあったのだ。私の少年時代は貧乏そのものだったが、助け合って生きる家族の中で私はむしろ幸せだった。そして、よく働いた。そういう思い出や親の恩や家族の情愛等は否定したわけではない。知識や良い習慣もそうだった。否定し、決別したのはそれまでの自分にあった非福音的な考え方、生き方、宗教などであった。
 しかし、その決別は私自身の中においてだけでなく、家族や友人たちとも対立や衝突を引き起こした。特に洗礼が先祖代々の宗教をやめて、新しい教えを信じることだと知ると、わが家では論争がおこった。それまではそれほど熱心な仏教徒でもなかったのに、私に対して先祖代々の宗教を大事にしろと迫り、改宗は家族への裏切りだとなじった。特にすぐ上の兄は一番攻撃的だった。それほどキリスト教の知識があったわけでもないのに激しくけなし、私の改宗に反対した。もしフィリピンで戦死した長兄が生きていたら、私はもっと激しい反対に遭ったかも知れない。
 それでも私は決断し、洗礼の恵みを受けた。そして、今それをほんとうに良かったと思っている。その決別によって失ったものは確かにあった。家族の中で異質になったし、友も失った。そして、今思うと、若者の熱心さと純真さのあまり、少し惜しいことをしたと思うこともある。それまで持っていた手紙や写真などをほとんど燃やしてしまったことだ。過去との決別を徹底的に実行しようとしてしたことだが、これは若気の行き過ぎだった。しかし、主の福音から受けた富と、その信仰から得た充実感と幸せは計り知れなかった。それに比べれば、その時の決別で失ったものなど物の数ではなかった。

 その後の私は法務局出張所の仕事を退職、上智大学ドイツ哲学科に入った。それは自分が選んだ教えに間違いがないかどうかかを確かめ、主の福音が真実かどうかをもっと深く知るためだった。従って、大卒資格を就職に生かすことはほとんど念頭になかった。大学には退職金とわずかな貯金で入学金と月謝を払ったが、正直のところ二年目からの学費をどうするかは考えておらず、「行けるところまで行こう。後はなんとかなるだろう」ぐらいの、行き当たりばったりだった。
 ところが、人生には不思議なめぐり合わせがあるもので、少なくとも私はそれに恵まれた。そんなおかげで卒業後は7年間カナダに留学することになり、帰国後は紆余曲折の末、中学にも行けなかった貧乏少年は最終職業を大学教授で終えた。そして、定年退職後は20年たった今も、毎日聖書を原典のヘブライ語とギリシャ語で読み、Ⅱをつけて再スタートした手を貸す運動を続けることができている。そのすべては洗礼によって選択した人生の延長線上にあるものだ。

 さて、その洗礼の日からのこれまでを感謝をもって振り返った後に思うことは、これからのことだ。86歳になった身にはもう残り時間はそう多くはない。いつ終わりが来るか?この頃よくそれを考える。明日かも知れないし、来月か、それとも来年か、あるいは2,3年先かも知れない。とにかく、もうそう長くはないことは確かだ。では、老衰して気力を失い、毎日を消化ゲームのように時間を潰して生きるのか?そうはなりたくない。
 意気軒高とまではいかなくても、私にはまだ果たすべきこと、やりたいことが山ほどある。個人的には聖書を研究し続け、世の中の一人としてはささやかながら海外の要支援者たちを助け、主の福音の分かち合いを実践していきたい。洗礼でいただいた神の恵みに応えたいからだ。もっとも、命を終わる時は選べないから、いつでも神の国に行ける準備をして、最後まで信仰をもって生き抜き、その時が来たら永遠の至福にあずかりたい。そう願う。最終的にはこれが一番大事なことだと心得ている。
プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。