スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦後70年の証言に立って

 長崎への原爆投下70周年だった昨日8月9日、カトリック町田教会では平和旬間の試みの一つとして、10時半のミサ後、聖堂で戦中戦後を生きた人の証言を聞く会が催された。戦時中、海軍時別年少兵だった私は1年3か月の軍隊生活をしたので、その証言者の一人として語るよう頼まれ、マイクの前に座った。
 ところが、それは講演スタイルではなく、司会者が二人の証言者にかわるがわる質問して、体験を聞き出す方式だった。司会者は要点を心得た問いを出した。だが、打ち合わせ文書がミサ直前に渡されたこともあって、私は話す長さをうまく調整できず、まだ肝心なことを話し終わってもいないうちに時間が来て、マイクをもう一人の話者に渡さなければならなかった。話す時間がなさ過ぎた。
 だから消化不良で、実際は話そうと思ったことの10分の1も話せなかった。特に、話しておかなければならなかった大事な点を話せずに終わったのが心残りで、催しが終わった後、そんな不甲斐なかった自分に腹が立って仕方なかった。おそらく聞いていた方々も期待を裏切られた思いだっただろう。いい年をしていながら、何とも情けなかった。

 しかし、戦前・戦中・戦後の体験から学んだまとめとして最後に言った「二つのダメ」と「二つのよさ」は、言えてよかったと思う。何人かからも「あれを言っていただけてよかった」と言われた。「二つのダメ」とは、(1)正しい情報を遮断されてはダメ、(2)戦争は絶対ダメの意味で、「二つのよさ」とは、(1)現日本国憲法は戦後得た最高の宝、(2)戦後70年の記憶は新約聖書の信ぴょう性の確認になるという意味だった。
(1)ダメの第一は真実を知らされない恐ろしさだ。戦前・戦中の体験から私はそれを痛切に学んだ。権力者は国民を己が意図に従わせたいとき、しばしば情報を操作して国民を騙し、極端な場合は情報を遮断して国民を真実から目隠しする。戦前の日本の軍政がそうだった。安倍政権も今仮想敵国中国の脅威を煽り、日本を集団的自衛権で戦える国にしようとしている。しかし、中国が自分にも破滅を招く戦争を仕掛けてくるなどということは杞憂だ。現実にはあり得ない。真の情報がないと人は容易に騙され、踊らされる。
(2)二つ目のダメは戦争だ。戦争は二度としてはならない。今の戦争では勝者も敗者も甚大な痛手を蒙る。犠牲者数はもとより、戦費の負担は膨大だ。米国は第二次大戦後何回も大きな戦争をして国力を消耗した。戦争は自分達が害を受けるから嫌だというだけでは理由が弱い。本来なら殺す必要もない相手を殺し、加害者にならざるを得ないから悪だと考えるべきだろう。「殺すな。」ここにキリスト者が戦争を悪とする最終理由がある。
 昨日の会に話者として出たもう一人のK婦人は、この点で私と考えが違った。彼女は明言こそしなかったものの、安倍政権の動向に賛同らしく、「平和、平和と言うだけでは国際状況の悪化には対応できない。軍事的圧力をかけてきている国がある。もし戦争になって負けたらどうなるか。現実的に考えなければならない」と発言した。中国を想定しての言辞であろうが、それは浅慮だし、キリスト者的ではないき思考だとも思った。
 彼女は「もし負けたらどうなるか」と言ったが、それは戦争を前提にした仮定だ。しかし、戦争しなければ勝つことも負けることもない。戦争を放棄した憲法を持つ日本だというのに、「負けたらどうなるか」と想定すること自体、もう前提が間違っている。そんな発想だから、負けないために集団的自衛権を認め、軍備を増やそうという論理になる。「現実的に考える」というが、現実的な思考が物事を根本的に解決したためしがあるだろうか。根本問題はいつも理想があって解決できた。現実的な思考は現実の枠に留まる。理想的な発想こそが現実の枠から飛び出して、根本的解決をもたらせる。彼女は「悪人に手向かうな。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈れ」と言われた主のお言葉を知らないのだろうか?
 (3)戦後私たちが得た最良の宝は現日本国憲法だ。これによって、国民主権、民主的な国の在り方、戦争の放棄、平和な生活、人権の尊重が保障された。明治憲法も法治ではそれ以前よりはましだったが、現憲法は天皇主権を否定し、軍政も否定した。私たちはよく「憲法を守る」と言う。しかし、実際は憲法が今まで国民を守ってきたのだ。明治憲法は59年続いたが、その間に外国と5回もの戦争があり、遂に日本を滅びの淵に立たせた。それに比べ、現憲法は68年も続いたのに、その間一度も戦争がなかった。戦争を禁じた9条があったからだ。おかげで一人も戦争で死なず、殺しもしなかった。
 しかし、今その宝物が毀損されようとしている。憲法を遵守する義務があるのは天皇、大臣、裁判官、公務員で、国民は彼らにそれを守らせる立場だが、安倍政権は憲法を守ろうとしていない。安全保障法案によって集団的自衛権を手に入れ、憲法9条の縛りを有名無実にしようとしている。憲法によって戦後70年間守ってもらえた平和と自由を失わないためには、今は私たちが憲法を改悪から守る番だと思う。だから、私はあえて声をあげている。
 (4)そして、二つ目のよい収穫は、戦後70年の振り返りが新約聖書の信ぴょう性を再確認させてくれることだ。それはこういうことだ。イエス様のご昇天が西暦30年頃だったとすれば、その70年後は西暦100年、ヨハネによる福音書が書かれた頃だということになる。ところで、私は70年前の海軍での生活や終戦時のこと、74年前の太平洋戦争開戦当時のことや貧しかった農家の生活、学校教育や子ども遊びなど、沢山のことを鮮明に思い出せる。だから、この事実と福音書を比較して思うのだ。
 私たちが70年前を鮮明に覚えているように、使徒たちや初代教会の人たちも、主と共に生きた日々の出来事と主のお言葉を、60年経っても70年経っても鮮明に覚えていたに違いない。だから、それを語り伝えた。ましてや聖霊降臨後35年から50年ぐらいしか経っていない期間に書かれたマタイ、マルコ、ルカの3福音書は尚更だ。モーセ五書とは違って、それらの証言は断然高い信ぴょう性がある。70年前の自分の記憶を思う時、そういう結論になるのだ。
 しかし、戦後70年の今後は、戦前、戦中、戦後の体験者がだんだん少なくなり、語り部になれる人は更に限られてくる。おそらく初代教会でもそうだったのだろう。だからこそ口伝だった福音を次第に文字にして、福音書ができていったのだろう。おかげで私たちは主の教えと事跡を知ることができるのだが、そこに一つのヒントがある。戦中、戦後の記憶も今後は次第に語り部に頼れなくなる。だが、記録された記憶があれば、それが語り部に代わって記憶を伝えられる。ところで、幸い現代は新約聖書時代の比ではなく、そういう記憶が文書、映像、音楽等に夥しく記録されている。だから、その戦争の記憶が消滅することはないと思う。

スポンサーサイト

愛犬たちの思い出あれこれ   

 愛犬ミニョンが死んでから約1ヶ月半が経った。思い出すと今もいとしく、生きていてくれたらどんなに嬉しいことだろうと、いまだに悲しみを覚える。しかし、最近はいないことにも慣れてきた自分にふと気づくことがある。忘れはしないが、不在感が薄まってきたのだ。時が心の傷口を少しずつ癒してくれることを実感する。そして、これでよいのだと思う。思い出は大切だが、忘却もまた欠かせないからだ。忘却は薄情ではない。人が生きていく上での断捨離の一つだと思う。それは心の負担を軽くする。

 ミニョンを思い出すと、つい他の愛犬たちのことも連想してしまう。ミニョンは室内で飼って毎日触れ合い、わが子のように慈しんだが、他の2頭は外犬で、触れ合うことがずっと少なかった。今思うと、これも悔いてしむことの一つだ。最初の愛犬ピトゥはコリーと日本犬の血が入った雄の中型雑種犬だった。隣家の律ちゃんが小学生の時に拾って来たが、親から飼育を禁じられたため、わが家が引き取ってやったのだった。
 ピトゥは非常に賢く温厚だった。その温厚さは、小型犬に攻撃されても反撃せず、弱虫に見られることすらあったほどだ。ミニョンもそうだったが人が好きで、噛みついたことは一度もなかった。私がそばを通ると、前足で抱き着いてくることがあった。私は邪険に振り払ってしまうことが多かったが、今思うと、いつも外にいて独りぼっちだったから、寂しくて甘えたかったのだと思う。もっとかまってやればよかった。可哀そうなことをした。スキンシップが足りなかったと、今になって悔やむ。 
 ピトゥの賢さは物覚えのよさでわかった。例えば、公園に遊具として立ち並んでいた自動車のタイヤの前で、「上!」と言うと、その上に飛び乗り、義経八艘飛びよろしくトントントンと渡ったものだ。乗せてやって教えると、すぐ覚えたのだった。また「ジャンプ!」と言うと、ブランコを飛び越え、また飛び越えて戻ってきた。その初めは公園の柵だった。入口が遠かったので、柵を跨いで入ろうとしたが、柵の下をくぐられるとリードを持ちかえなくてはならなかった。リードを持ったまま入るにはジャンプさせる必要があった。そこで、抱いて柵を越えながら「ジャンプ!」と言い、2度ほど繰り返したら、できるようになったのだった。以後、自転車すらも、「ジャンプ!」で軽々と飛び越えた。それを見た子供たちは「すごい!名犬ラッシーみたい」と驚くのだった。それは私の自慢だった。
 散歩の時は、自転車かバイクの左横をちゃんとサッサ、サッサと走った。これも始めからできたわけではなく、幼犬だった時、私が自転車に乗ってゆっくり走り、左側を伴走する訓練をさせたからだ。初めは前に出て前輪でひかれ、2度ほどキャンキャンと悲鳴をあげた。その経験から、横を走らないと痛い目に合うということを学習したのだ。家では鎖につないでいたが、散歩で成瀬山公園に行ったときは、林の中で放した。すると、土の道を全力で往復疾走した。本当に嬉しかったのだろう。毛を靡かせて走る姿は実に格好良かった。
 先日、アルバムを整理していたら、ピトゥの写真が2枚出てきた。ミニョンと違って、思えばほとんど撮ってなかったのだ。ところで、その1枚は犬小屋の上に寝ている姿だった。顔は見えない。その小屋は門扉前の石段の角に合わせ、私が作ってやった三角型の住まいだった。それを見て、今更ながら可哀そうなことをしてしまったと悔いた。鎖につないでいたから木陰にも行けず、夏場はどんなに暑かっただろうか。どんなに蚊に悩まされただろうかと思ったからだ。悔やんでも悔やみきれないほどの悪事を人にした覚えはないが、ピトゥには悔やみきれないほどの飼い方をしてしまったと、今になって後悔している。
 ピトゥも心から可愛がったつもりだったが、あんな小屋に住まわせていたから、フィラリアにかかり、たった8年という短い命を終えてしまったのではないかと悔いるのだ。私の罪は深いと思う。初めてのことで、飼い方をよく知らなかったからとは言え、今思えばピトゥに何ンと辛い生き方を強いてしまったことかと胸が痛む。済まなかった。ごめんな、と今あらためて謝りたい。

 愛犬のことを思い出すと、楽しかったこと、幸せだったことよりも、何だか済まなかったと思うことの方が多い。2番目に縁があったハッピーに対してもそうだ。この子はピトゥの死後3年目に来た雑種の雌だったが、やはり外で飼った。当時はそれが一般的だったし、あるフランス人が拾った末に困っていたのを引き取ったいきさつもあって、室内犬にはしなかった。「不要だけど飼ってやるんだぞ」みないな、恩着せがましい気持ちが私にあったのかも知れない。 
 しかし、ピトゥを鎖に繋いでいたことに後悔があったから、ハッピーには正反対の飼い方をした。居場所は屋外だが、フェンス以内なら庭のどこでも好きな所にいていいという放し飼いにし、自由にさせたのだ。だから、野生犬みたいに時には庭木の下に穴を掘り、時には軒下に寝たりしていた。臆病だったが、それほど人が好きではなく、来る人にはよく吠え、フェンス越しに人を追いかけるようなことをしたから、郵便配達さんなどには嫌われていた。
 白い毛並の小さい中型犬だったから実に平凡で、物覚えもピトゥほどよくなく、ほとんど芸は会得しなかった。自転車やバイクと伴走して走ることも覚えず、遠くに散歩することも好まなかった。せいぜい成瀬山公園に歩いてゆくぐらいだった。それにも拘わらず、わが家は息子たちも含めてハッピーにも愛情を注いだ。ピトゥで悔いたから、私はなるべくスキンシップもはかり、かなりよく遊んでやった。賢くはなかったが、愛らしい目をしていた。
 ただ、時には家に入れてやればよかったという悔いが残っている。ミニョンは水だけでなく雪も好きではなかったが、ハッピーは水は嫌いでも雪は大好きだった。外で自由だったから、雪が降ると庭中を走り回っていた。しかし、雨は別だった。庭木の下は濡れるので、よく軒下に避難していた。ところが、どんなに濡れてもピトゥの使った小屋には絶対に入ろうとしなかったのだ。他の犬の匂いが嫌だったのだろうか。だから、大雨の時は惨めな姿になることもあった。しかし、私は「小屋があるのになぜ入らないんだ」と思って外に居させた。今思うと、小屋にこだわらず、なぜ雨の時は玄関に入れてやらなかったのか、と悔やまれてならない。
 ハッピーは3頭の中では一番長生きで、13歳まで生きた。1986年から199年までだった。ある日、喉が腫れたので獣医に見せ、手術をしてもらうことになった。ところが、預けたその翌日死んでしまったという知らせを受けたのだった。飼い主もいない所で息を引き取ったとは、どんなに悲しかったことだろうと思う。お骨はお気に入りの場所だった庭の陽だまりの土中に壺ごと埋めて墓とした。
 ピトゥもハッピーも私たち家族に幸せと和みをもたらしてくれた。しかし、私の接し方は不十分だった。もう二度と犬の飼い親になることはないが、もっとこうしてやればよかった、ああしてやればよかったと悔やむことの方が多く思い出される。その悔いあったからこそ、ミニョンにはその分までふんだんに愛情を注ぎ、毎日を家族の一員として共に過ごし、話しかけ、遊んでやり、介護をしてやった。それがピトゥとハッピーにしてやらなかったことへの償いでもあった。
 虹の橋のたもとで、3匹は知り合っただろうか。仲良くなれただろうか。もう一度あの3匹に会えたらどんなにいいだろう。会いたい。もしも会えるとしたら、今度こそしてやれなかったことを存分してあげたい。

 さて、今日は8月6日、広島に原爆が落とされてから70年の日だ。本来なら、愛犬のことなどを語っている日ではない。だから、少々思ったことを書き加える。
 今日の朝日新聞朝刊には、ロシアの国会議長が米国の原爆投下を戦争犯罪として糾弾すべきだと発言したという記事があった。勿論それはその通りだ。2発もの原爆投下を命じた米国大統領故トルーマン氏とそれを実行した人々は断罪されてしかるべきだ。私はもうずっと前からそう告発し続けている。たとえ米国に友人知人がいても、米国がロシアよりずっと友好的な国であるとしても、悪事は悪事として指弾しなければならない。彼らは人道に反する大罪を犯した。
 愚かな戦争を始めたがゆえに310万人もの日本人を死なせ、中国、インドネシア、旧仏印、ビルマ、フィリピン、米国、英国人等、合計約2千万人近い人をも戦争で死なせた日本の当時の指導者、特に軍部の責任は重大だった。しかし、戦争だからと言って、民間人が圧倒的に多い大都市に、皆殺しが確実な原爆を落としたことも、無差別爆撃よりも非道な人道上許しがたい罪悪だった。それなのに、トルーマン氏らはそれを実行した。彼らの手も血に染まっていた。それなのに、正義の顔をして日本の戦犯を裁いた。彼らは偽善者であった。彼らも裁かれるべきだったのだ。しかし、まだ裁かれずにいる。
 しかし、ロシアの指導者が米国の原爆投下を非難する資格があるだろうか?彼らはもっと卑怯残酷なことをしたのに、その自覚がないのだろうか。ソ連は日本の敗戦直前に旧満州で参戦し、北方4島を占領した。ソ連は当時日本と不可侵条約を結んでいた。それを一方的に破って参戦したのは信義違反であり、すでに倒された相手を蹴るのに加わったような卑怯な行為ではないか。そして、戦後数十万人の日本兵をシベリアに連行し、数年間過酷な強制重労働に使った。その結果、数万人を極寒と飢えで死なせた。米国はそんなことはしなかった。ロシアのあのシベリア抑留も、人道に反する大罪で裁かれるべきだろう。だが、それには口をつぐんで他者の罪を非難している。恥ずべき偽善者ぶりだ。
 彼らは預言者ナタンが家臣ウリヤを死なせたダビデ王に、「それはお前だ!」(サムエル記下12.7)と指摘した言葉を知るべきだ。あるいは主イエス様が、「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。…偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。そうすればはっきり見えるようになって、兄弟の目からおが屑を取り除くことができる」と言われたお言葉を思い出すべきだろう。旧日本の指導者たちも、米国とロシアの指導者たちも、皆同罪なのだ。人のことを言える立場か。偽善者に他者を裁く資格はない。正しく裁けるのは神のみである。
 それにしても広島と長崎で落とされた原爆は一瞬にして23万人の命を奪った。投下後5年間では被爆死者は34万人に達した。しかし、不条理にもその時原爆で命を奪われたのは人ばかりではない。誰も言及していないようだが、広島と長崎でどれだけの犬たちが死ぬ羽目になったことだろうか。わが家の3匹の仲間のためにそれを指摘しておきたい。また、猫も鳥も虫も無数に死んだことだろう。原爆は人だけでなく、神が創造された地球上の素晴らしい命を根こそぎ奪う悪魔の武器だ。根絶しなければならない。根絶やしにするときは絶対にテロリストに手に渡らないようにしなくてはならない。
プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。