FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望はあるか

 最近は聖書のことばかり書いているから、今日は少し社会に目を向けてみる。先月米寿になったが、長く生きて来たなと振り返る私は今、世界と日本が激動しているのを見ている。思えば貧しくてもゆったりと情報が少なかった昔の方がよかった。発達して社会が刻々変わり、核兵器の脅威を実感する現代には落ち着きや安らぎの良さがない。米国では品位のない大統領が喚き散らし、北朝鮮では愚かな若デブがミサイルの火遊びをしている。実に嫌な時代になった。
 日本では人心を操ろうとする危巧言令色の総理が権力の座に居座り、妖婦的な政治家が希望の党なるものを立ち上げた。だが、そこに希望はあるか?キエルケゴールは「絶望には可能性のない絶望と、可能性でしかない絶望がある」と言ったが、希望の党はその後者ではなかろうか。しかし、立憲民主党も生まれた。政治的には私はこの党には希望が持てる。戦後の日本が獲得した平和と国民主権と個人の尊厳を尊重しているからだ。
 それにしても世界はこれからどうなっていくのかと思うと暗澹たる気分になる。北朝鮮は軍部が牛耳った戦前の日本に似ているところが多い。もし経済的圧力に耐えかねて真珠湾攻撃みたいなことをすれば、それは破滅を招く。今は昔の比ではなく、北朝鮮が水爆を敵視国に落とせば、数百万が死ぬかも知れない。しかし、それは米国には北朝鮮の百倍の原爆があるから必ず反撃を受け、同等の犠牲では済まず、北朝鮮は壊滅するだろう。そんな悪夢は見たくないものだ。原爆で威嚇し合うほどの愚行はない。
 こんな時代だからこそICANはノーベル平和賞を受けたのだろうが、これは喜ばしいことだった。人類は一度知ってしまった核兵器の知識をもう消去できないが、毒ガスを禁止したように、せめて全世界に核兵器を禁止させなければだめだ。しかし、日本現政府はその禁止条約に賛成していない。私は安倍が言うのを聞いた。「核兵器保有国が禁止に反対しているのに、禁止条約を認めても意味がない」と。核兵器保有国が認めなのなら、認めさせるよう努力するのが被爆国の義務ではないか。彼の論理は逆だ。
 核は兵器だけでなく、原発も全廃すべきだと私は思う。原子力は人間が制御しきれない物質だ。事故が起きたら途轍もない損失を招くことは東日本大震災で証明された。そして、原発がなくても生活が可能なことも震災後に証明された。目先の利益のために超危険な物を存続させるべきではない。たとえ原爆が落ちなくても、原子力発電所がミサイルで攻撃されたり、テロリストの手にわたったりしたら、原爆に等しい恐怖の事態が起きかねない。政治家はこういう安全保障をこそ考えるべきではなかろうか。
 私たち一般庶民は世界のパワーバランスとか暗い趨勢とかがわかっても、孫子のために心配して、祈りながらそれを見守るしかない。しかし、日本のことなら何らかのことはできる。今、衆議院選挙が始まろうとしているが、それもできることの一つだ。暴挙の解散だったが、これを選択のやり直しができるチャンスだと考えれば、それを活かせる。理想の候補者がいない?ならば次善を選べばよい。少なくとも私は安倍をやめさせたい。顔も見たくない。私が評価する戦後の時代を否定する彼とは相容れないからだ。もし私が立候補するとすれば、平和憲法堅持、原発廃止、財政再建、そのための法人税と消費税値上げ、税金によるで均一年金の支給を基本政策にする。しかし、立候補はしないから、そのいくつかを満たす人を選びたいと思う。
 希望の党には希望はもてないが、私には次元の違う私なりの希望がある。「最後に残るのは信仰と希望と愛である」と言われたその希望、「神に希望を置く者は幸い」と言われるその希望だ。「見捨てない誰かがいてくれるとき、そこに希望がある」ということを、私は貧しい海外の子たちの支援活動を通して学んだ。日本にも世界にも、普通に生きる人々を裏切らず、見捨てない指導者はいると思う。だから希望はある。しかし何よりも、時代がどんなに嘆かわしくなり、どんな事が起ころうとも、私たちを決して見捨てない神がおられる。だから私には異次元の希望がある。
スポンサーサイト

教育勅語にわたしも一言

 しばらく前、森友学園では幼稚園児が教育勅語を唱えていると報道で知り、愕然としたことがあった。ネット時代だからすぐ忘れ去られるかと思ったいたら、そうでもなく、今日6月10日の朝日新聞声欄には「教育勅語 切り売りは無意味」という声が掲載されていた。実は私も森友学園での教育勅語というニュースを聞いて以来、意見を書こうかと思った。見過ごせなかったからだ。
 しかし、そのままにしてしまったので、もう賞味期限が過ぎた話題だろう思っていた。ところが、今日の投書を読んで、、わが意を得たりと嬉しくおもった。ただ、ひとつ言い足さなくてはならないことがあると思い、私も一言ここに書くことにした。
 そのためにはまずその投書を紹介しなくてはならないが、それを全部書き写すのはたいへんだ。そこで、その手間を省くために要点をコピーさせてもらった。コピーは少し不鮮明だが、次のような文面である。
教育勅語批判略
 この投書の論旨はしっかりしており、その指摘はまことに正鵠を射ている。

 私は教育勅語を唾棄するが、少年時代の私は教育勅語を信じて海軍少年兵にまでなり、まさに「一旦緩急あれば義勇公に報じ、もって天壌無窮の皇運を扶翼すべし」を実行した軍国少年だった。子どもだったから仕方なかったとは言え、天皇主権国家思想の催眠術にかかって、あわや一命を失うところであった。今思えば、無知であり、愚かであり、浅はかであった。教育勅語はにとっては恨み骨髄に徹するほどの反面教師に他ならない。
 あの森友ニュース以来、多くの人が教育勅語の危険を指摘し、主権在民の現憲法と相容れないことを論じて来た。まさにその通りだ。上掲の投稿もその一つで、非常に説得力がある。しかし、思うにまだ誰も指摘していない論点が一つ残っている。それは教育勅語がよって立つ思想的論拠の誤謬だ。教育勅語は嘘とすり替えに立脚しているからだ。それを知れば、教育勅語がいわばガラクタに等しいものであることがわかろう。それを安倍晋三氏や稲田朋美氏らの政治家はすばらしいと思っているらしいから呆れる。

 教育勅語は冒頭から天皇家の祖先を称揚して、「わが皇祖皇宗国をはじむること高遠に、徳をたつること深厚なり」と宣言し、「わが臣民よく忠によく孝に億兆心を一にして世々その美をなせる」とし、「これわが国体の精華にして教育の淵源また実にここに存す」と述べている。要するに「天皇家は遠く先祖より徳が深く厚かった。臣民もそれにならって忠孝に努めて来たが、これこそが日本と言う国の神髄で、教育の根拠はそこにある」と言っているのだ。私などは少年時代に暗記させられたから、忌まわしいことに今でもそれをすらすら言える。
 ところが、では天皇家の先祖は本当に徳がそんなに深く厚かったのか?そう問えば、どんな歴史家も否と答えるであろう。個別の例は列挙しないが、過去の天皇たちを知れば、徳が深く厚かったどころか、血みどろの醜悪な権力争いを演じた例は枚挙にいとまがない。そして、臣民も天皇家にならって忠孝に励んで来たか?と問えば、それも否である。天皇を追放したり悪用したりしたりした例もまた事欠かない。そんな虚偽の歴史観を前提にして、教育の淵源(根源)がそこにあるなどと言うのは悪い冗談でしかない。

 そもそも「汝臣民父母に孝に兄弟に友に、夫婦相和し、安倹おのれを持し、博愛衆に及ぼし…」など、中ほどに書かれている徳目は儒教の教えだ。ところで、儒教の始祖孔子が理想としたモデルは周であった。ところが、教育勅語は皇祖皇宗を周とすり替えている。徳のモデル入れ替え操作をしたのだ。多くの人はそこに気付いていない。しかし、入れ替えたモデルの皇祖皇宗が実は高徳でも何でもなく、むしろ権力争いが多かったとわかれば、教育の淵源は無残に崩壊する。もし淵源にすれば害毒の淵源になる。
 それに、教育勅語は「御名御璽」と、明治天皇自らが書いたようになっているが、実際は明治政府に任された元田永孚と井上毅が文案を作ったのだ。それを天皇がさもさも自分が考え勅を発したかのごとく宣言していること自体が欺まんであろう。このように史実を無視し、嘘とごまかしを論拠とし、癒しがたい傷を国民に負わせた前科のある教育勅語は、現在と未来の日本から抹消されるべきものである。

 ただ、誤解のないよう付け加えておきたい。教育勅語を拒否するからと言って、私は天皇制否定論者ではない。昭和天皇には批判的だったが、現天皇と美智子皇后の両陛下には深い尊敬の念をもっている。誇らしいくらいだ。今後の天皇皇后も現天皇ご夫妻のようであってくれればいいと願っている。そして、できれば天皇ご夫妻にはご退位後はもっと自由にあって欲しいと思っている。実際、私は天皇には国民と同じ人権があるのだろうかと時々感じるからだ。教育勅語は現天皇ご夫妻と今後の天皇家をも幸福にはせず、むしろ不幸にしかねない過去の亡霊だと思う。

母の日

 明日は母の日。妻が話すのを聞いてふと自分の母のことを思った。
 私が子どもの頃は母の日はなかった。青年時代にはもうあったのだろうか?いずれにしても、母に花束を上げたことはない。思えば親不孝な息子だった。今になって花束のプレゼントをしたいと思っても、米寿に近い老人の母がまだ生きているはずもない。だが、何かしたいと思って古い母の写真の机上においてみた。
 私の記憶に残る母は小学校に2年までしか行ってっいなかったが賢母だった。9人の子を育て上げた。繭から糸を紡ぎ、機織りで着物を織って、仕立ててくれた。早朝から家族の食事の支度をし、昼間は父と畑で働き、少し早めに家に戻ると、また家族の食事の支度をする毎日だった。ご飯も粗朶や松葉を燃やしてを炊いていた時代だ。それだけでもどんなに苦労だっただろうか。夜は裸電球の下で繕い物の夜なべをしていた。
 思い出せば書くことはたくさんある。しかし、それはいつか別の時にして、明日は人生の終わりにせめてもの親孝行をするために、机上の写真と共に過ごそうと思う。私に生を与え、生き方の元を備えてくれた母に心からの感謝をあらわし、それを心の花束として贈りたい。親に迷惑や心配ばかりかけていた息子だったが、今はわが子だけでなく、多くの人たちと子ども達の心配をし、世話ができるようになりました。そして、まだ生きていますよ、と報告するために。

 生みの母は一人だけだが、私には育ての母みたいな人が少なくとも二人いる。一人はイエス・キリスト様の福音を教えてくれた元シスター・Gさんだ。いわば私を父なる神の子として霊的に生まれさせ、育ててくれた大恩人だ。人は洗礼によってキリスト教的に新たに生まれる時、赤子とは違って自分の意志で、自分で決心して生まれる。しかし、一人で育つことはできない。霊的にも多くの人のおかげで育つ。その中で最も育ててくれたのは元シスターGさんだった。だから、彼女は私にとって霊的な育ての親なのだ。
 もう人は大学生時代と留学生時代に学資を出してくれたカナダ人のOさんだ。彼女たちにも母の日に感謝したい。恩を忘れないことがおそらく彼女たちへの一番の恩返しだと思う。彼女は13人の子持ちだったが、夫が死んだ後葬儀屋を始め、女で一つで子どもを育て上げた。そして、まだ余力があったので私の学資を援助してくれて、会いに行ったとき、私を14番目の子どもだと言ってくれた。だから、彼女は私の知的成長にとって育ての親なのだ。育ての母みたいだったこの二人にも感謝の心の花束を捧げよう。

 母と言えば、けっして忘れてはいけないもう一人の母がいる。最高の母だ。それはマリア様。マリア様は聖母として、主を信じるすべての者の母である。だから、私だけの母ではない。だが、私の母ではあることも確かだ。聖母マリア様は地上における生みの母でも育ての母でもない。神の国における母である。だから、すべての母たちの母でもあるのだ。聖母には毎日祈るが、母の日には天の母としての聖母に感謝の祈りをささげよう。

 そして、最後にもう一人の母を加えよう。私の子ども達にとってのかけがえのない、すばらし母だ。そのような母親を人生の伴侶として生きている私は、この恵みをどれほど感謝したらよいことだろうか。来年は金婚になる。息子ではないから花束は贈らないが、この母には健康と幸せを祈ってやまない。よい母の日を!

 

  

さくら哀讃惨

   さくら麗し、満開の空
   億兆輪はまとまり合って
   やわらか色の夢の雲 

   さくら気の毒、一輪ずつを
   愛でて見る人はたしているや
   みんな総体だけ観てほめる

   さくらお見事、そのいさぎよさ
   無数の花びら芝生に道に 
   赤子の頬に風と舞う

   さくら哀しや、地面に散って
   悼む人無く 踏まれて朽ちる
   されど安かれ 大地は憩い
 
ひこばえに咲いた桜

     ひこばえの一枝に咲いた桜

春らんまん前

 早春のベソラーを掲載してからもう1ヵ月半以上たった。フィリピン訪問旅行や手を貸す運動Ⅱニュースレターの日本語版、英語版の発行、サーボラン会の開催など、あれこれ休むことなく動き回っていたら、その間に春はわが家の庭でもずいぶん進んでいた。
 早春に早々と咲き出した福寿草はもう葉だけになり、梅、沈丁花、ヒマラヤ雪ノ下などはもう終わりに近い。代わって新しい花たちが続々と咲き出している。今は春らんまん前。おそらく一年で一番いい時期かも知れない。少なくとも私が一番好きな季節ではある。ゴールデンクロッカス、ムスカリ、芝桜、スズラン水仙、ハナニラ、紫花名、サンシュユ、ボケ、モクレン、こぶしなどが早春の花と交代している。そして、間もなく桜が咲けば、春はまさに爛漫となる。
 しかし、花々がどんどん咲き出すと、雑草もぐんぐん伸びる。年を取るとその除草が一苦労だ。ただし、雑草もよく見ると可憐なのがある。ベロニカにはもう触れたが、今を盛りと伸びているハコベやキュウリ草がそうだ。ハコベの花は小さいのにしっかりした10弁で、白く愛らしい。キュウリ草の花は空色の忘れな草そっくりだが、大きさは4分の1ぐらいの超ミニだ。そこでつい同情し、雑草をそのまま生かしておくと後で大変な目に遭わされる。だから心を鬼にして引き抜くしかないのだ。
 花では今年は2月ごろある異変に驚かされたことがあった。窓際のプランターに植えたパンジーの花が小鳥にほとんど食べられてしまったのだ。それもまず黄色が狙われ、次が青、赤が一番後という順序だった。どうやらヒヨドリの仕業だったようだ。この小鳥が椿やボケの花を食べに来るのは知っていたが、まさかパンジーの花まで食べるとは!と驚かされたのだ。今年は食べ物が不足していたのかも知れない。プランターに蒔いた正月菜も古代豆も小鳥の食害に遭ったからだ。ただ、ルッコラは食べられなかった。たぶん独特の少し辛みと苦みがある味を嫌ったのだろう。しかし、春らしくなった今は食べ物が豊富になったせいか、パンジーの花はもう食べられなくなった。おかげで花は持ち直して見事に咲いている。
 園芸ではもう一つ今まで経験しなかったハプニングがあった。昨年は咲き終わったシクラメンを夏の間木陰に置いた。そしたら何と花芽をいっぱい出したのだ。そして、それは3月が終ろうとする今もまだ見事に咲き続けている。以前は春に咲き終わったシクラメンを軒下などに置いたが、たいていは球根がからからになってだめになったり、葉が2,3枚出ただけで終わったりしていた。ところが、昨年は初めて元気に夏を過ごさせ、秋に咲かせることに成功したのだ。その上、その一株からは種子も落ちていて、小さな子株がいっぱい生えていた。だからそれらを鉢に一本ずつ植えた。今年はそれを育てるのも楽しみもある。もっともこれは晩秋の花だが・・・
 さて、長々と書くつもりはない。これは春らんまん前の喜びを共有するためだけの単なるごあいさつ。この後に新しく咲き出した花のいくつかを掲載するので、どうぞお楽しみあれ。

花 サンシュユ
サンシュユの花。実も紅葉も赤い。宮崎民謡「庭のサンシュユに鳴る鈴掛けてよ」と歌われる稗搗歌のサンシュユ。
花 ゴールデンクロッカス
ゴールデンクロッカス。春を告げる天使のような花だ。青、白、紫色もあるが、それらは少し遅れて咲く。
花 ハナニラ
ハナニラ。“ベトレヘムの星”とも言われる。6弁がダビデの星(イスラエル国旗)のように見えるからだ。
花 ボケ
ボケ。灌木では春に一番早く咲く花の一つだ。直径5センチぐらいになる実は酸っぱく渋い。
花 芝桜
芝桜。白、赤、ピンク、紫、混色もある。広い土地にく咲くと絨毯のように見えるが、わが家のはちょびちょびと貧弱。
プロフィール

余生風

Author:余生風
「聖書温故知新」
「思いつくまま、気の向くまま」
折にふれ「水彩画」も紹介してまいります。

「手を貸す運動」創始者
社会福祉法人「地の星」理事
元玉川大学教授

佐藤正明(余生風)ホームページ
「絵画と心」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。